FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Fate/EXTRA Last Encore【イルステリアス天動説】 簡略感想

2018.07.30 (Mon)
これは輝かしいEncore
最下層から第六層までの戦いを経て、
多くの決断を乗り越え上がってきた岸浪ハクノとセイバー。
目覚めた『誰か』は死の総体である自分自身を認め、
新しい『誰か』として戦う決意を新たにする。
だがすべてはとうに過ぎ去った過去。
勝利の結末を得る機会は永遠に失われた。
その胸に宿した希望は、果たして熾天の檻に届くのか―――。

聖杯戦争の終わり。
最後に語られるべき月の断片、ここに 終幕 。
公式サイト

残りの話一気に放映されました。
トワイスの意志、レオの思いを描き
最終決戦となりました。

これ最後の戦い
凜以外、人はいないんですよね。でも人をどうこう言っている。
そんな中で人ではない、消えていく岸波ハクノが
様々な人と出会い、憎しみだけの存在だった彼が、人ではないですらない思いの塊が
未来を託し、消えていった
そんなお話だったと思います。

それでもテレビだけではわかりづらいのは確かだったかと。
メインは語られていますが
シンジや尼理たちに関しての
「どうして」の部分と「どうなった」の部分がこちらにゆだねられたからだと思います。
まぁ岸波だけの話とみればわかりやすいとは思うのですが・・
そこは個人差がありますから。


総評として
原作を知っている人、知らない人より
何も知らない人が見て、楽しめるかなと感じました。
ところどころ知っていると、気になる点が出てくるので
最初はただ見て、気になった部分は考えてみて、そして
原作などに手を出してみるといいのかなと思いながら。

原案はどうなっているのか気になってきました。

コメント

No title
>凜以外、人はいないんですよね。でも人をどうこう言っている。

いや、レオとラニとシンジも生者でしたよ
まあ、ラストまで生き残ったのはムーンセル内では凛だけですが

ムーンセルの外では10万人ほど人類の生き残りがいると第4話にてラニが語っています
だからハクノも「みっともないぜ救世主 千年かけても滅ぼせなかったに言い直せ」と啖呵を切ってます

>シンジや尼理たちに関しての
「どうして」の部分と「どうなった」の部分がこちらにゆだねられたからだと思います。

ってか、DVD&BL第1巻の特典映像が尼理が主役のドラマCDで、彼女に関しては、それを聞けば大体はわかります
詳しいネタバレは控えますが、尼理は第2話と第3話にも登場していたんです
Re: No title
ありがとうございます。

> いや、レオとラニとシンジも生者でしたよ
> まあ、ラストまで生き残ったのはムーンセル内では凛だけですが
> ムーンセルの外では10万人ほど人類の生き残りがいると第4話にてラニが語っています
> だからハクノも「みっともないぜ救世主 千年かけても滅ぼせなかったに言い直せ」と啖呵を切ってます
 
 個人的にあの場にいるのが凜以外は人いない状況で人の未来の話しているなぁ
 みたいな印象を受けていました。
 確かに見返すとそうでした。

> ってか、DVD&BL第1巻の特典映像が尼理が主役のドラマCDで、彼女に関しては、それを聞けば大体はわかります
> 詳しいネタバレは控えますが、尼理は第2話と第3話にも登場していたんです

そうなんですよね。私も原案を買おうか迷っているのですが
特典を見ないものと考えると尼理の出番が少なかったなぁと思っています。
全体的に尺の短さを感じ、2クールあってもよかったと感じます

管理者のみに表示

トラックバック

イルステリアス天動説第11話 転輪する勝利の剣 第6層を通過して第7層に向かうネロとハクノ。かつて女性のハクノとネロはマスターのレオに勝っていた。ネロは彼が攻性防壁に焼かれる姿を見たのだった。第7階層に到着、サーヴァントのガウェインが出迎える。自ら負けを認めて肉体を炎の中に投じたレオだったがトワイスの力で一命をとりとめ 第7階層の守護者として眠っていた。再び相まみえるハクノとレオ。&nbsp...