FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

はねバド! 第07話 「あんな子、瞬殺してみせる 」

2018.08.13 (Mon)
勝ちたい気持ちは
公式サイト

原作でいう所の3巻から4巻の内容
薫子が好きな私としては原作とあまり変わらない彼女が描かれてうれしい。
薫子ギャラリーが先輩陣に変わり、どこか孤高な感じな彼女にはついてくれている
友人がいる。
一方で羽咲にはバドミントンに関しては友人のような人がいない印象があります
その対照的に描いたのかなと思いました。

空達も多少関係性がシリアスになっているので、息を抜くシーンがない印象
次の石澤と荒垣戦は原作でもシリアスよりなのでアニメでもかなり重く描かれるのかな?

羽咲の変化が原作とは違うため、次の試合でどう変わるのか楽しみですが
次荒垣と戦うのか?

荒垣の性格がどっちよりかなぁ・・
戦いに楽しみ、真剣にやる感じの原作よりもかなり苛烈になってしまうのだろうか・・
石澤との対決があるので、苛烈部分以外も見たいところ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第7話 あんな子、瞬殺してみせる薫子の先輩、里見が綾乃と対戦している。チャンスでも攻撃しないでラリーを続ける綾乃。でも3回戦も突破する綾乃。北小町は綾乃、なぎさ、空の3人が残った。 小5からバドミントンを続けている悠、年下に負けてショック。才能がないのかなと告げると葉山は努力こそ大事だと告げる。 里見は結果だけ見ると惜敗で泣き崩れる。主将は薫子に仇討ちを命じるが興味はない...