FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

はねバド! 第10話 「バックハンドの握りはこう」 簡略感想

2018.09.03 (Mon)
進む決意
公式サイト

男性陣の描写の追加、原作よりも関係性を強めに描かれていました。
男性陣は原作でもかなり薄味なので、アニメで少しでも描かれてうれしいですね。
こっち関係のもやもやも解消しましたし。


なぎさの決勝へ出る決意は試合中での描写を先行して描いた感じですかね。
これでコーチとの関係性も多少なり信頼のおけるものになった形にしたのでしょうか

羽先関係はオリジナルが多く、もう羽咲はオリキャラに近いような印象を
挑発的な感じよりも周りに毒をばらまいて自分を保っているような
不安定な印象のためか
決勝後をさわやかにさせるためなのでしょうが、少しやりすぎな感じも受けました。


なによりも決勝です。
原作2巻分、さらにここの絵はとても素晴らしい試合描写です。
絵が変わり気味な作品ではありますが、迫力のある決勝を描いていました。
アニメではどうなるのか、とても楽しみに待ちます

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第10話 バックハンドの握りはこう小学生からバドミントンを始めたなぎさ。メキメキ上達して将来の夢を考えるようになった。しかし全国ジュニア大会で綾乃に圧倒的な差で負けた。どんなに打っても返しても相手コートにシャトルが落ちることはなかった。 実家に母親が帰って綾乃を出迎える。話しかけられても無視する。夕食も食べない。 祖父母は有千夏に帰ってこないかと話しかける。強くなったかな...