FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2018 ゴブリンスレイヤー >  ゴブリンスレイヤー 第9話 「征きて、還えりし」簡略感想

ゴブリンスレイヤー 第9話 「征きて、還えりし」簡略感想

ただただ自分ができること

祭壇に設置された巨大な鏡。地下水路に大量発生したゴブリンの群れ。
そして度々現れるゴブリン以外のクリーチャー…。
ゴブリンスレイヤーたちは今回の騒動の核心に迫っていく。
地下奥深くでは、以前ゴブリンスレイヤーたちを苦しめた小鬼英雄が
彼らを待ち受けていた。だがゴブリンスレイヤーには、
ゴブリンを一網打尽にする起死回生の作戦があった。
公式サイト

コミックスを抜きました。
原作コミック6巻収録といまならガンガンONLINEで読めます。たぶん
個人的にはエルフの蹴るシーンはもっと笑顔がよかったなぁと
漫画と比べるもの変ですが、エルフの畜生度が違う気がするけど
アニメは最後の会話シーンがあるから、こうしたのかもしれませんね。

乙女との会話も印象的だった漫画版よりは簡素になった感じですが
乙女の言葉が結構直接的だったような気が。
「15歳の・・」とか
マンガ読んでいても、このシーンは感動しました。
自分の立場とか弱いことを言っても、ただただ仕事をする
そんな言葉をかけてくれる存在。あの低音もあって、とてもかっこよさシーンでした
言っていることはゴブリンは殺すだけなんですが・・

次は抜かした牧場編に入るのか否か。
気になるのは顔をどうするのかですね・・
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ゴブリンスレイヤー BS11(12/01)#09
第九話 往きて、還りし 祭壇の奥に存在する鏡は、ゴブリンたちの村を映し出す。しかも船を持っている、この世界に訪れては帰っている。そんな世界の転移装置なのだと分かる。 しかし、ゴブリンたちには帰るための装置、奪還に接近してくる。 皆が判断に迷う中で冷静に大丈夫だと告げるゴブリンスレイヤー。各自に役割を指示して、ゴブリンを迎え撃つ罠を仕掛ける。現有魔法を確認して使用時期を的確...
ゴブリンスレイヤー 第9話 『往きて、還りし』 剣の乙女の愛は情熱的。
鏡の向こうにゴブリン。無警戒で触れちゃう女神官度胸ある、或いはうっかりさんなのか。見えたのは別の場所で生活に勤しむゴブリン達。地下にいるゴブリン達はここから飛ばされたのでは、と推理が働きます。同時にこの鏡が古代の遺物、とんでもないお宝であるということも。しかしのんびりしている暇はありません。粉塵爆発の音を聞きつけて、そこら中からゴブリンが殺到。出入り口がここなら必死に取り戻そうとするのも道理...
プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -