FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2018 ゴブリンスレイヤー >  ゴブリンスレイヤー 第12話 「ある冒険者の結末」簡略感想

ゴブリンスレイヤー 第12話 「ある冒険者の結末」簡略感想

誰かは救っている

小鬼王(ゴブリンロード)率いるゴブリンの大軍勢と辺境の街にいる
冒険者たちの戦いが始まった。敵の大群に立ち向かう
妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶をはじめとしたギルドの仲間たち。
しかし更なる強敵が冒険者たちに襲い掛かる。苛烈を極める戦闘の中、
ゴブリンスレイヤーは一人、小鬼王の前に姿を現す…。
公式サイト

原作コミック3巻内容
ゴブリンがようやっとまともに話した。
漫画ほどではないにせよ、内情がわかるシーンとなりました。
漫画のまんまではあるものの槍兵の活躍、勇者の描写が追加されていたりした今回。
最終回にふさわしいお話でした。
これがあって、外の依頼に行く流れが漫画で見た時の印象でしたが
ここでは、ほかの冒険者のことを知り、冒険者になりたいと言っている印象が大きかったです。

原作を知らず、漫画の絵柄が好きで入った作品なので
どのくらい二期ができるのかわからないですが、やってくれたらうれしいですね。

ゴブリンスレイヤーが不器用なりにまともになっていく?感じが
見ていくうちにこちらにわかるようになっていたり、印象的な目の光るシーンは
印象に残るように演出していただいたり、とても面白かったアニメ化でした
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ゴブリンスレイヤー BS11(12/29)#12終
第十二話 ある冒険者の結末 ゴブリンロードは襲撃の失敗を感じて一人で撤収する。また子孫を増やして再襲撃するつもりだった。 しかしゴブリンスレイヤーが道を塞ぐ。力技では勝てないが、愚直に剣をふるい傷を与える。 倒れても何度でも立ち上がって戦う。しかし遂に剣が折れて盾も壊れてしまう。足蹴にされて踏みつけられる。 しかしシールドでゴブリンロードを挟み込む女神官。全ては...
ゴブリンスレイヤー 第12話(終) 『ある冒険者の結末』 ゴブリンスレイヤーの決意。
ゴブリンロード逃亡。判断早いけど情けないですね。まさか負けると思わなかったのか、街の戦力見誤ったのか。ひょっとしたら「ゴブリン相手にそんな来るわけ無い」なんて計算があったのかも。あと喋っているのにびっくりしましたが、心の声でした。しかし敵にはゴブリンに精通したゴブリンスレイヤーが居た。逃げる事も逃げ道もお見通し。 ラストバトルに相応しい一騎打ちになりますが、ゴブリンスレイヤー苦戦。曰く、正面...
プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -