FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2019 どろろ >  どろろ 「1,2話」 簡略感想

どろろ 「1,2話」 簡略感想

「叶うなら、遠くまで」

時は戦国。
醍醐の国の主である景光は、
ある寺のお堂で十二体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。
それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、
忌み子としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。
時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、国には平安が訪れた。
そんなある日〝どろろ〟という幼い盗賊は、ある男に出会う。
それは、鬼か人か
両腕に刀を仕込む全身作り物の男〝百鬼丸〟は、
その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた

公式サイトより


漫画読んでいて、映画も見たどろろですが
最初は原作が少し消化不良なのでそれを肉付けしながら進めるのかと思ったのですが
2話で完全に新しいどろろがうまれるのだと感じました。

百鬼丸の体を取り戻す設定がかなり重い感じに
まさか言葉すら発せない設定で行くとは
原作だと話せていましたし・・・

この話もつながっている要素をうまく30分に
しかも琵琶丸の出番があるとは

ほぼ初期設定の同じ別物のどろろになるのではと思いますが
剣劇のシーンもスピーディでいい感じなので楽しみに見たいと思います。
[ 2019/01/15 21:02 ] 2019 どろろ | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

どろろ BS11(1/14)#02
第2話 万代の巻 百鬼丸の腕を利用して金を稼ごうとつきまとうどろろ。 見えてないはずなのに見えているような行動。 野いちごを食べて、川で魚を捕る。 生は不味いと、どろろが火を熾して焼き魚にする。 どろろは視覚を奪われているが感覚的に魂の炎の色が見えた。どろろは白い魂なので悪意はないと判断して切らない。 近隣の村を訪れて化け物が出る村の情報を掴...
どろろ 第1話 『醍醐の巻』 どろろって...主人公の名前じゃなかった。
主人公は百鬼丸。原作が手塚治虫で奪われた体を取り戻す話と言うのは聞いたことがあります。どうやら過去に一度アニメ化されていた見たいですね。ともあれ予備知識は殆どありませんので、新鮮な気持ちで見られます。  石川領領主・醍醐景光仕えているという主君・富樫政親は実在の人物ですね。時代は応仁の乱から戦国時代が始まってスグあたりでしょうか。飢饉と疫病に困った挙句、この世には神も仏もない!と鬼...
どろろ 第2話 『万代の巻』 琵琶丸が合流してチーム結成?
コミュニケーションが大変。・喋れるし目は見えるけれど、字が読めないどろろ。・喋れるけれど目は見えない、でも字が読める琵琶丸。・そして喋れもしなければ目も見えないけれど、何故か字が解る百鬼丸。結果として…。百鬼丸が書いた字をどろろがガイドして琵琶丸に触らせて初めて周知が可能。面倒ですし、盲目が2人ってのもキャラ被りです。百鬼丸には一刻も早く目と耳と口(舌?)を取り戻して欲しいもの...
プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -