FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2019 どろろ >  どろろ 第五話「守り子唄の巻・上」 簡略感想

どろろ 第五話「守り子唄の巻・上」 簡略感想

聞こえる音

慣れない「音」に苦しみ、妖怪との戦いで傷を負った百鬼丸は
ミオという少女に出会う。彼女は戦で親を亡くした子供の面倒を見ており
百鬼丸も世話になることになった。だが近くに鬼神がいると分かった
百鬼丸は傷も治らぬうちにその退治に向かう。
公式サイト

原作の寺の話をうまくアレンジされた回でした。
琵琶丸が一緒なのは同じですね。

音が聞こえることへの不快感
それを原作でも重要だった寺での話と絡めるのはいいと思いました
まぁミオの処遇は原作でははぐらかされていたような感じでしたけど
結構わかるような描写でしたね・・
百鬼丸の人としての普通になり、それに慣れるさまをうまく物語にしていると思います。

でも、予告みると結末は変わらないよね・・・
[ 2019/02/05 23:54 ] 2019 どろろ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

どろろ BS11(2/04)#05
第5話 守り子唄の巻・上 聴覚、音を取り戻した百鬼丸。未だ慣れない音に苦しんでいた。 どろろが山中の静かな場所を選んだつもりだったが、全ての音が 流れ込んで苦しんでいた。取捨選択が上手く出来ないのだった。 そんな百鬼丸に報酬の良い鬼神退治は辞めようと話す。しかし鳥の鬼神が百鬼丸を襲う。 音に惑わされ、痛みも感じるので、苦しんでしまう。危ないところを琵琶丸が訪れて...
どろろ 第5話 『守り子唄の巻・上』ミオの秘密。
はじめての聴覚。16年間音の無い世界で生きていて、ある日突然耳が聞こえるようになったらどうなるか。どろろ混乱、というか苦しそう。音の洪水に溺れていたというナレーションがぴったりですね。本来音が聞こえると言うのは便利なこと。なのに戸惑った百鬼丸は妖かし退治に身が入らない。運良く合流した琵琶丸が居なかったらどうなっていたのやら。というかこの坊さんも一緒に旅している訳じゃないのか。付かず離れずの関...
プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31