FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2019 どろろ >  どろろ 第六話「守り子唄の巻・下」 簡略感想

どろろ 第六話「守り子唄の巻・下」 簡略感想

声はいつまでも

鬼神から声を取り戻すも、脚を奪われてしまった百鬼丸。
荒れ寺に戻り傷を癒やしたのち、再度鬼神に挑みに出る。
一方、ミオ達が待つ荒れ寺では…。
公式サイト


原作同様いい結末にはなりませんでしたが
彼女が残した思い、過ごした時、空間、声は
百鬼丸にとってとても大切なものになったと実感できる回でした

それゆえに、人としてまだできていない彼が
鬼にならないようにどろろがそばに居続けてくれることが
なにより大事になっていくのだと思います。
原作だと別れで最後ですが、こっちでは別れることに関しての物語もありそう。

戻ったのは足
自分で歩き始めること。それを決めること、示すこと
声とともに百鬼丸が人間らしくなるパーツであり、その歩みを実感する


次回は・・なるほどそう来ましたか
[ 2019/02/12 22:22 ] 2019 どろろ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

どろろ BS11(2/11)#06
第六話 守り子唄の巻・下 みおの仕事を知ってショックを受けたどろろ。帰りに百鬼丸を担いだ琵琶丸に会う。 声を取り戻したが足を取られた。命には別状がないが、負傷した百鬼丸。 仕事から戻ったみおは、百鬼丸を心配して看護する。自分の身を構わずに手当もする。どろろはみおの仕事を知ってショックで目を合わせられなかった。たけは留守番なのでみおの仕事は知らない。 でも、たけも...
どろろ 第6話 『守り子唄の巻・下』やはり悲劇が待っていた。
三歩進んで二歩下がる?声を取り戻す一方で右足を失った百鬼丸。これまで順調に体を取り戻していたんですが、毎度毎度上手くは行かないんですね。ただアリジゴク鬼神はまだ倒していないみたいで、先払いって事でしょうか。或いは足と等価交換なんだろうか。 夜のお仕事=売春から帰ってきたミオ。乱暴な連中だったらしくその体にはアザが。なのに自身は顧みず百鬼丸の看病を始める、何て健気な娘なんでしょう。そんなミオの...
プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -