FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2019 どろろ >  どろろ 第10話 「多宝丸の巻」 簡略感想

どろろ 第10話 「多宝丸の巻」 簡略感想



醍醐領内のある村では、村人が湖に棲む妖怪の犠牲になっていた。
多宝丸は、側近である兵庫・陸奥とともに村人のため妖怪の退治を買って出る。
公式サイト

多宝丸の人となりを描く話となりました。
父に見てもらえないことを不満に思い、少し嫌な感じを出していた原作より
不満はあれど、それ以前に真面目さがある印象でした。
そんな彼が民のために行った妖退治。
その前に現れた百鬼丸。
何もない百鬼丸。
けれど恵まれた多宝丸にとって欲っしている父の興味を抱かせる存在

その二人が互いの境遇を知らぬまま出会い
どうなるのか。
オリジナル要素が多い多宝丸関連。楽しみです
[ 2019/03/13 09:23 ] 2019 どろろ | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

どろろ 第10話 『多宝丸の巻』朗報:多宝丸、有能。
知勇兼備。てっきり「苦労知らずのドラ息子」かと思っていました。父醍醐景光が智謀、兄百鬼丸が武力に秀でているとしたら、多宝丸は知勇のバランスが良いタイプみたいです。真っ直ぐすぎて汚れ仕事は向かないかもしれませんが。 両親が何かを隠しているのを薄々感じている多宝丸。部下を使って薬まで使って父の密偵を尋問しますが失敗。ならばと父に直接尋ねるも一喝される。そんなしょんぼりした折に化け物に困っている村...
プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30