FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2019 どろろ >  どろろ 第二十三話「鬼神の巻」 簡略感想

どろろ 第二十三話「鬼神の巻」 簡略感想



百鬼丸は、鬼神の力を宿した多宝丸、陸奥、兵庫と対峙する。
駆けつけたどろろ、縫の方、琵琶丸は、醍醐の国の行く末を巡る、
凄まじい戦いを目のあたりにするのであった。
公式サイト

お互いの意地と意思がぶつかった戦いでした。
対人が少なかったこと、あまり打ち合ってなかったこともあり
迫力の殺陣シーンにワクワクしました。

一方で多宝丸と百鬼丸、国か己か
失っていく多宝丸と取り戻していく百鬼丸。
互いに何かを満たすことはない両者。本来は当然であったもの
真っ向から対立する二人に、どろろや縫たちはどのような声を
かけるのか。
自身との決着、次回がどうなるのか。
[ 2019/06/20 09:12 ] 2019 どろろ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -