FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2019 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿  >  ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第7話「魔眼蒐集列車1/6」 簡略感想

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第7話「魔眼蒐集列車1/6」 簡略感想

旅立ちの汽笛と第一の殺人

ロード・エルメロイⅡ世のもとから盗まれた征服王イスカンダルの聖遺物。
そこには代わりに、魔眼を商うといわれる列車――魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)
からの招待状が残されていた。
ロード・エルメロイⅡ世とグレイはカウレスを伴い、魔眼蒐集列車へと向かう。
そこには法政科の化野菱理、エルメロイ教室のイヴェット、天体科の君主(ロード)の娘
オルガマリー・アースミレイト・アニムスフィア、さらには聖堂教会の
カラボー・フランプトンといった錚々たる顔ぶれが揃っていた。
様々な思惑とともに列車は発車する…。
公式サイト

長編スタート
キャラクターは揃い
ここまで描かれていたものもあって不信感のある化野
どこかおかしいながらナビのような役の弟子・

そして新しいキャラクターの神父やオルガマリーなど登場し
丁寧に、状況、目的が描かれていく感じの一話でした。

グレイの過去、生い立ちは列車で描かれたのでしょうかね。
それにしても魔眼がこんなにいるとなると推理はとても難しいそうだなと思いました。

個人的に過去が見える神父がやられると思っていました・・
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30