雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

夏目友人帳 肆 第二話 「東方の森」 感想

2012.01.10 (Tue)
夏目友人帳 肆 第二話 「東方の森」 感想・・・「やれやれ。我が主は中々我が名を呼ばなくて困る」・・
的場に見つかった夏目。
一方で、ヒノエは夏目の姿が消えたことを聞き、そこに猿面のものが
来て、夏目と祓い屋が結託してはめたのだと言う。
「夏目が誤解されてるのは気に食わないねぇ」ヒノエ
「夏目は祓い屋ごときを結託しないし、妖怪をさらったりしない。」ヒノエ

「そういうことだ。立ち去れ。私は今腹が減っている」三篠

ヒノエと三篠は東方の森に向かうことに
三篠は夏目を思うなら友人帳を手放したほうがいいというが
ヒノエは夏目はそんな望みはしないだろうと告げる。
「ヒトの心はわからぬものだ」三篠

的場は今で夏目と話し、的場一門へ勧誘。
夏目の過去を調べ、それに付け込むように話すが、夏目は反論。
悪い人間もいたけどいい人間もいた。悪い妖怪もいたけどいい妖怪もいた
同じことを言っていることに的場は言及
「もしかして、君は人と妖怪が同じだとでもいうんですか」的場

そこに本来の姿・斑と化したニャンコ先生が乱入するが、不意を突かれ・・
ニャンコ先生の利用しようと的場は近づくが夏目は身を挺して守り、何もされず
牢へ入れられる。

的場一門は東方の森の主・六花を狙い、猿面を追い込んでいたが
そこにヒノエと三篠が森へ到着。
「一戦交えるかい?」ヒノエ
難をもがれた猿面たちはヒノエに礼を言うが、六花を悪く言われると
そんな方ではない、身を休めていると告げられ、友人帳との関係が見えず
六花に会ってみたほうがいいこととなる。

牢に入った夏目に猿面の仲間が窓から来るが、槍で友人帳が入ったカバンを取ろうとするが
壺にされた猿面が入っていないとかばう。
そこに的場が来て、壺にされた猿面をじっくり痛めつけますが・・
「とういう半端に力のあるやつに加減するのが、一番面倒なのだ」ニャンコ
と的場の札を退け、斑となり外に逃げ出す。

逃げた先にも猿面があたりを囲み、壺にされた猿面の話も聞かない。
斑に加えられ、固まれた中から抜けだすことができた。
「仮にも私は、これの用心棒。次にこれに手を出すならば、お前らの敵は
 祓い人ではなく、この私。いつでもかかってこい。」斑


そこにちょうどよく三篠と六花が来た。六花は力が弱まったことで
奥で眠っていて、猿面は力を求めるようになってしまったという
結界が解けたことで、多少なり良くなったという。

そこにさらに中級とヒノエと河童が来てややこしく・・

猿面はそれでも夏目に協力してもらったらと提案するが
「もう十分力は貸してもらっている。気づかぬか」六花

夏目たちが的場の結界の札をなくしていったのであった。

「友人帳などいい加減くれてやればいいものを」三篠
「そうだな。俺に代わって名を返してくれる人にだったらね」夏目
「私がもらう約束だぞ」斑
事件は収まり、流星群の日に
壺にされた猿面が来て、誤りに来てくれました
「おまえには友人帳を使わなくても、動いてくれる妖がいるのだな」猿面
「ああ、友人なんだ」夏目
いつか自分の持っている気持ち、もどかしいうれしさを言える時を信じ
そして観測会へ行きました


三篠のセリフがあるように友人帳の力を使わない夏目は心配ですよね。
斑と三篠の二人の力をフルに使ってしまえば、なんてこともないのに
夏目はしもべではなく、友人として見ているのだと思いました。
的場は裏で暗躍するのか、また夏目を狙うのか・・
そして狐はでるのか。楽しみです

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

夏目友人帳 肆の第2話を見ました。 Bungee Price Blu-ray アニメ【送料無料】 夏目友人帳 肆 1 【完全生産限定版】 【BLU-RAY DISC】価格:5,273円(税込、送料込) 第2話 東方の森 東方の森
鉄分、鉄分、レバー、レバー♪ 「夏目友人帳 肆」第二話感想です。 夏目友人帳 肆 クリアファイル()不明商品詳細を見る
貴志が姿を消したと知って、ヒノエと三篠も東方の森に向かいます。 猿面達を束ねる六花に話を聞くのが早そうだと、六花を探します。 一方、的場と対峙する事になった貴志は的場一 ...
逃げては捕まり、逃げては捕まりと夏目も大変でしたが、ニャンコ先生と三篠がついている限り無敵のような^^; 先生はまんまるにゃんこに凛々しい斑モードも披露してくれて大活躍。
 鉄分、鉄分、レバー、レバー。
夏目友人帳 肆 #02 東方の森 132 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日:2012/01/10(火) 01:59:27.26 ID:5bW+BXea0 どんな結末か気になってたけど いい終わり方じゃん ほっ...
「君は危険ですね、すっかり妖怪に心を奪われてしまっている 目を覚ましなさい」 的場に捕まる事になった夏目! 夏目を的場一門へと誘う的場、そして夏目を助けにヒノエと三篠も動く...
的場一門はダメでしょ。夏目の過去を調べ上げ、自分たちの仲間に誘う的場の頭領。即座に断る夏目が心地良かった。妖怪を悪と決め付け、力づくで排除していくなんてやり方はとても容...
「お前には、 友人帳を使わなくても動いてくれる妖がいるのだな」 いつか話せるだろうか、この気持ちを…このもどかしい嬉しさを。 猿面の妖怪の次は、的場の式に捕らえられてし
とりあえず新番組が続々始まっていますが、まずは夏目から しょっぱなから的場さん話で驚きました 原作はすでに読んでいるので多少比較しながらの感想になります まずはOPと
目に見える全てを受け止めると決めたのだから。 夏目友人帳 肆 第2話 感想です。
夏目が姿を消したと知ってヒノエと三篠も東方の森に向かう。 猿面たちを束ねる六花を探します。 一方、的場に睨まれた夏目を助けにニャンコ先生が来るが。 逆に捕らわれたてしまっ...
つながりもそれぞれ。 というわけで、 「夏目友人帳 肆」2話 誘いの巻。 妖怪を使役する人間。 コミュニケーション可能な異種族に対して、どう接するか。 超常の力を持った異
夏目友人帳ですが、夏目は的場にお茶を振舞われます。茶柱まで立っていますが、的場は妖怪が見える夏目を自分のパートナーとして引き込みたいです。夏目は人間世界ではそこそこ迫害...
「東方の森」 次にこれに手を出したらお前らの的は祓い屋ではなくこの私、いつでもかかって来い! 久々にニャンコ先生、イヤ 斑のカッコイイ場面を観たような^ω^♪ なん
的場に見つかってしまった… 屋敷に入ってしまったのは的場の式に捕まったからだからと 的場に言うと、そこらへんは理解したようで、的場はちょうど そろそろまた夏目と話したかっ
原作と結末は同じでも経過がかなり違った夏目友人帳 肆の2話目。 目の付け所が違ってて興味深いですねー。 的場との会話絡みで変更があったのは、今後のためかしらん。 夏目友人帳 Bl...