雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ギルティクラウン  第12話 『再誕 the lost christmas』 感想

2012.01.13 (Fri)
ギルティクラウン 第12話 『再誕 the lost christmas』 感想・・・物語は過去へ・・・
「六本木フォートとは一人の少女が作り出した幻影なのだよ」茎道
少女は桜満マナ
茎道は嘘界にヴォイドの情報を渡す。協力の礼だったが、これ以上は入れないという。
「つれない方だ」嘘界

いのりを抱えたユウに切られた涯。
涯はユウをダートの墓守を呼ぶ。彼はいのりを生贄にマナを生き帰らせる気でいた。

ユウを追う集は過去を思いだす。
マナと過ごした日々。海で救った少年に名をつけ、マナはトリトンと名づける。
集の姉であるマナ
少年時代の集は涯(トリトン)を引っ張るような少年だった。親友にまでなった涯
そしてマナと過ごした夏をなぜを忘れたのか。
そう思っているうちに、茎道のいる空間に着く。

「この少女はもともと我々がマナと意思の疎通を図るために作りだした
 インターフェイス用インスタンスドール」茎道

マナはウィルスの第一感染者。彼女が生き返ることでロストクリスマスを再び
起こせる。その証人になるのだという茎道

「邪魔をしてはなりません。これから彼がいのりを介してマナにプロポーズします。
彼女が選ぶ伴侶が次代の新たな人類の始祖となるのです。」ダート


また過去へ。
涯は感染したマナに問いを投げていた
さらに死んでいた涯を生き返らせたのだという。
その後、集にキスをし、さらに結婚してまで言いだす。


現代
目玉の化け物ようなものが集を阻む。それはマナの声で集を攻める。
それを助けたのは綾瀬のエンドレイヴと涯
それを遠くで見ていたのは春夏と嘘界でした
「ささやかないじわるです」嘘界

涯と集は目玉に行く手を拒まれ、茎道の計画は進んでいく
「集、思い出せ。あの日の出来事を。お前は覚えているはずだ」涯

過去。涯は教会で集にマナのことを伝えようとしたが、そこに来たのはマナ
マナは涯に銃を渡し、撃ってみるように促し涯が銃を撃つと自身が傷ついてしまう
そこに集が来て、キャンサー化が垣間見て集は
「来るな。化け物」と拒絶
マナは涙を浮かべ、暴走。教会は火にのまれ、自身も壊れていった。
助けを求めたマナを救えなかった二人
涯は「強くなる」と言い、どこかへ。集はマナを忘れることを選んだ

現代
記憶が戻ったことでダートは新しい王のモードへ移行したつぶやく
涯は集にヴォイドをとり、渡せと告げる。形状は銃。
気を失うことはなく、涯はその銃を持ちいのりを撃ち抜くと
いのりのヴォイドが出てくる
「人の心を引きだす銃か」茎道
それで集はいのりを救い、涯はマナの元へ

涯はどの道、助からないとマナごと切れと言う。
「おまえはいつだって俺になれる。俺がお前になれたように
 後は一人でやってみろ。」涯

昔の集にあこがれてた涯はこう言うと
集は涯ごとマナを突き刺した

「トリトン?」マナ
「マナ、やっとお前に届いた」涯
二人は消えていった。

いのりは涯はきっとありがとうと言っていたと告げ、集は涙を流す。

情報量多いな。茎道の動機が弱いなと思ったり
まだ前半で、集の成長を描き切った感じでしょうかね。
まだなぞの部分が多い作品なので愉しみましょう。

GHQは嘘界が導いていくのでしょうか。彼が何をやらかすのか

涯は昔の集のようになるのはマナのため。集はマナから目をそらすために
人から逃げるような性格になった感じですかね。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

私のことを大人の目で見たのよ 「ギルティクラウン」第十二話感想です。 ギルティクラウン(1) (ガンガンコミックス)(2012/01/21)宮城 陽亮、満月 シオン 他商品詳細を見る
ギルティクラウンの第12話を見ました。 phase12 再誕:the lost christmas 「ここでお別れです。さようなら、桜満集!」 「いのりのヴォイドを使って集は襲われるが、涯が庇ってくれ
ガイが意外とピンピンしてたのはご愛嬌^^
ギルティクラウン #12 再誕 the lost christmas 546 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日:2012/01/13(金) 01:56:16.99 ID:PVq2Dxk5P 実は知り合いでしたとかなんつー安っぽさだ ...
 子どものときの集が最強ですね。
「集 思い出せ、あの日の出来事を  お前は覚えているはずだ」 集・涯・真名、3人の過去が明らかに! いのりを助けに向かう集、そして涯が……    【第12話 あらすじ】 ガイ
「ギルティクラウン」  第12話 「再誕 -the lost christmas-」 の感想記事です。   ついに過去の記憶を取り戻す“集”   ようやく開かされる、涯、集、真名の関係。   そして、
最終回? 最終回かと思えるほど、話にも区切りが着いていましたし、盛り上がっていました。 映画のクライマックスを見たような感じですね。
ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [DVD](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る  集の実の姉だった桜満真名。恙神涯を助けたのは、真名。 そして楪いのりは、肉体
お前はいつだって 俺になれる、俺がお前になれたように――。 ようやく甦った集の記憶。 涯との過去を思い出したのに 切ない結末ですね…。 ギルクラ前半クライマックス! ▼ 
 ギルティクラウン  −GUILTY CROWN−  第12話 『再誕 the lost christmas』 感想  次のページへ
舞台は六本木フォートの最深部、コキュートスへ! 語られた10年前の出来事。涯と集の関係にすごく驚き、そして感動しました。 今回で第1章の終わり、ということのようです。
集をかばい負傷した涯を抱きかかえ、広がっていく血だまりと クロスのペンダントを見た集は昔を思い出す… 集「君は…まさか」 涯「やっと思い出したか、鈍いのは相変わらずだな、
いのりを連れ去ったユウは“ダアト”の墓守。 その姿を追った集は、六本木フォートに出現した巨大オブジョへ。 その地下で、囚われのいのりを捧げ、儀式を始める茎道と対峙する事 ...
『再誕:the lost christmas』
ギルティクラウン 第12話「再誕」 3週間ぶりのギルティクラウン。 まったく、どんだけ待たせるんですか。 ユウがいのりのヴォイドを取り出して、異空間に消えていく。 集をか
何この迷惑なブラコン女! こいつのイヤボーンで、日本は大変なことになっちゃったのかよ。 いやまあ、弟に拒絶されんのは、そりゃショックでしょうけど。 好きな男の子に化け物扱...
今期は一週遅れで罰ゲームなので頑張ります! なヨペチコです。 2クール系は追いついてからでOKなようですが、追いつくのが遅れても罰ゲームっぽいので やっぱり頑張ります!