雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ちはやふる 第15話「つらぬきとめぬたまそちりける」感想

2012.01.18 (Wed)
ちはやふる 第15話「つらぬきとめぬたまそちりける」感想・・・千早と太一・・・
千早は一枚取れたことで千早は戦意を取り戻す。
一方で余裕のある詩暢も笑顔はなく真剣な表情というか怖い表情・・
クイーンスマイルと言う怖い笑顔を時折見せる詩暢に劣勢だが、枚数が減ったことで
千早も取れる札は少しは増えるが・・
「体こわばるほどの強い相手を前にしても、自由に。もっと自由に。自由に
 うまく言えないけど強いってそういうこと」千早


それでも千早は五枚しかとれず、20枚差で敗れてしまう。
だが、詩暢は対戦表には厳しい・怖い表情をしていた。
「千早・・千早・・次は一枚もとらせない」詩暢
千早が通りかかり、詩暢のTシャツのキャラ名をいってあげると
意外と表情は柔らかくなりまして・・・

涙を流しながら悔しがる千早を見て太一は
「今やっと千早の夢が本物の夢に」と思いながら、夢という言葉に引っ掛かっていた

詩暢は優勝を為し遂げる。決勝は須藤でした・・
「俺三年だから、花持たせてくれると思ったのに」須藤
「ふふっ須藤さんお強いから。負けるかとひやひやしましたわぁ」
「12枚差ですが」

Aばかりを見て千早は太一は決勝にまで駒を進めていたことを知らなかったため
応援に行くことに
原田先生の言葉を思い出し
「俺にもできるかな。負けながら・・泣きながら前に進んでいくことが。
 新に向っていくことが・・」太一

太一は試合が続き、暗記を忘れることがつらくなっている状況でありながら
冷静になって分析
「脳がしびれて前しか見えない」
「・・・いいんだ。前だけで・・」

千早たちは手を握り合って祈りながら見る。西田は奏に握られたのに気付かないほど
食い入るように見ていた。
しかし、太一は体が反応できず、敗退。
準優勝に十分と思いながら、千早たちはがっかり
「絵にかいたようながっかりっぷり・・」

「悔しいよな・・準優勝が一番悔しい」西田
この言葉に太一は涙を流してしますが
「泣くな・・俺はまだ泣いていいほど賭けてない。悔しいだけでいい」


「負けと向き合うことは大人になっても難しい。あの子たち誰も慰め合わない」女帝

試合会場から去る際、千早たちはお時儀をして会場を後にする・・・

学校に戻り、走りこみ。体力不足の克服が重要と分かったからである
走りながら、西田たちは思うのであった。
「真島(太一)に実力で負けたとは思ってねぇ。でも・・・離されるな。ついていけ」」西田
「ライバルだ」太一
「ライバルなんだ」千早

走りこみが終わり、千早は夢に詩暢が出てくることが多くなり
新は出てこないと思っていると、新サイドへ
「栗山先生・・僕を福井南雲会に入れてください」新
新はかるたの会に再び入り始め、詩暢も練習をし
各々が成長を始め、二学期へ・・・

千早たちは負けましたが、負けることでライバルを見つけたり
新しい一歩を踏み出せた回ではないでしょうか

詩暢がなんか気に入りました。まるで血肉を得た獣のような・・・
今まで圧勝すると相手は気力がなくなっていたのに千早はそこから勝つほどの
気迫を見せたことで興味を抱く対象になったのだと思います。
あと、同じような残念美人・・・

太一はB優勝までいったのに負けたこと、西田はそんな太一より先に負けたことで
火が付き、この二人の決意も新たなもので見てて心地よかったです。
二学期、一体何が起こるのでしょう・・

スノー丸と言われた後の詩暢のかわいさたるや・・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

前へ前へ前へ。 ちはやふる 第15話 感想です。
全国大会個人戦も終了。 今回もよかったなぁ。 思わずウルっときちゃいましたよ。 手も足も出なかったクイーンから札を抜く千早。 クイーンとの試合で本当の強さの答えに近
 今は悔しいだけでいい。
【つらぬきとめぬたまそちりける】 ちはやふる Vol.1 [DVD]出演:瀬戸麻沙美バップ(2011-12-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る もっと自由に・・・自由になりたい! 
準優勝が一番悔しい。てっきり千早中心かと思ったら、後半は太一がメイン。B級の決勝に進出していた。正直肉まんくんの方が強いと思っていたので意外。そう思ったら肉まんくんもか
スノー丸の圧倒的存在感。 手も足も出なかったクイーンから札を抜く千早。 クイーンとの試合で本当の強さの答えに近づいていく。 一方、B級で決勝戦へ進んだ太一は優勝をかけて
ちはやふるの感想です。 負けることは、成長すること。
この悔しさをバネに。 なんだかんだで全国も勝っちゃう展開じゃなかったのがよかったです。 上には上がある、完璧超人と思われた太一も競技かるたではB級選手。 A級に上がった千早
もっと自由に―! もっと動け―! 千早とクイーン若宮との戦いは20枚の大差で終る。 どうやったらクイーンに勝てる?  それは千早の夢が本物の夢になる一歩でしたね。 そして
ちはやふるですが、綾瀬千早と若宮詩暢の女王決定戦は白熱します。後半、千早が息を吹き返しますが、まだまだ圧倒的にクイーンが優勢です。しかし、クイーンはちびまる子ちゃんのよ...
ちはやふる #15 つらぬきとめぬたまそちりける 121 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日:2012/01/18(水) 01:24:53.16 ID:Agh/8iCO0 文句なしの神回でした 129 名前:風の谷の名...
ちはやふる 15話「つらぬきとめぬたまそちりける」 の感想を 上には上がいて、さらにその上がいる過酷な現実 「千早」は強いと思っていたが、それよりさらに高い存在を見て絶句
 感想が溜まってしまいましたので2話連続とさせていただきます。