雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ちはやふる 第18話『はなそむかしのかににほいける』感想

2012.02.08 (Wed)
ちはやふる 第18話『はなそむかしのかににほいける』・・・大会へ・・・
速さを捨てなさいの意味を考え続ける千早と太一たちは大会へ。

さらに千早はA級に上がって初めて緊張していた

・初戦の対戦相手は金井桜(若くはない)←漢字これでいい?
「かわいい」千早
「知ってる」桜
「知ってるんだ」千早
お手つきなしのかるたを目指す千早だったが、早く捕る癖は直らず
お手つきをしたり、札を取られたりと桜のペースにのまれる。
「ラッキー。早いだけの子に当たれて」
動きたいという思いが強い千早。空札でもお手つきを思わずしてしまう。
「綾瀬さん・・札とだけ戦っているみたい・・」

千早は相手が自分のやりづらいようにしていることに気付き
自分を見つめ直し、札をとる位置を下げ、空札でも対応できるが
桜も札を動かすことで対応。
「見るんだ。桜さんにあって私にない何か。桜さんが私のかるたを見ているように」
呼吸を意識することが桜とのかるたで得たものであった。

試合後桜も元にお礼をしていく千早。なんと二人の子持ち・・
クイーンになりたいと宣言すると私もなりたいと告げられ
なんと桜は35年のかるた歴。若い子には抜かれていくが
今でも夢はクイーンだと言われ、東日本予選で言われ去っていく

・B級決勝は太一対西田。D級は奏対駒野
初戦敗退した千早はどっちを応援するべきかと悩んでいると
ヒョロくんも観戦していた。

西田は太一が名人戦を意識していると予想。それ以上に太一に先に越されるのが
嫌だった
駒野の方は奏の練習風景から分析した結果をもとに責めることに
千早は奏の姿勢が練習とは違いしっかりしていることに気付く。
それは袴でいることで、普段の姿勢を直していた。
それにより、札をとるのが良くはなるが、駒野は奏の札への背景重視のため
どこを意識するのかわかり、背景より音と駒野は割り切るがお手つき。千早のようには
いかない・・
「応援じゃない。キャプテンじゃない。私も盗めるものがあるなら盗んでいく」
一方、太一側も白熱を極めていた・・ヒョロ君しか見てないけど・・

千早はあっさりめで負けましたが、自分の速さを生かそうとするあまりはまっていた
ところから抜け出せのではないでしょうか
駒野と奏の対決は分析している駒野が有利かな?
奏は札を考えすぎているところを駒野は突いていく形になるのでしょうか

西田たちは来週か。どうなるのだろう?

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

W身内対決。B級の決勝は太一VS肉まん。D級の決勝は机くんVS奏ちゃん。これだけでも瑞沢高校の名前はかなり有名になりそうですね。 今までは学生同士の大会でしたが、今度はクラス別。
自分を貫く。 ちはやふる 第18話 感想です。
千早の試合よりも、奏と勉の決勝戦の方がメインな感じでしたね。 二人の成長が凄いですよ。 一方の太一と肉まん君の試合ですが、見てるのがヒョロくんだけって……(笑) 千早...
 かわいいっ   知ってる
第18首 はなそむかしのかににほいける 公式サイトから 千早はA級初の、千早以外の部員は昇級かけての公式戦が遂に訪れた。 千早の相手はかるた暦35年の金井桜。 速さでは上手の千早
ラッキ♪  A級になって始めての高校でないだけの試合。 速さだけでないカルタを目指す千早の相手は、年季の入った金井桜さん。 中の人もベテランの かないみかさん とかネタす...
ちはやふるの感想です。 実戦で他人から学ぶもの。
ラッキーおばちゃん強いじゃなイカ(ノ゚ο゚)ノ 積極的に公式試合に臨む瑞沢高かるた部。 千早はA級戦でキャリア35年の大ベテラン、金井桜さんと対戦。 欠点を克服せんとする千早で
『千早はA級初の、千早以外の部員は昇級かけての公式戦が遂に訪れた。千早の相手はかるた暦35年の金井桜。速さでは上手の千早が、なかなか札を取らせてもらえない。更には、千早の苦...
今回からA級の大会に出場する千早。 そしてA級相手になると 中々千早の思い通りにはならないですね。 そんな千早の相手は 可愛いおばちゃん(かないみかさん)でした。 後半は太一