雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」感想

2012.02.19 (Sun)
・・・何が嘘か真実なのか・・
。火憐を見つけた暦。二人の兄弟げんかが始まる
それは高速道路を破壊するようなイメージだった。
苦戦する暦に火憐は追いつめるが・・
「いい加減にしてよ。兄ちゃんを殴る私のこぶしのほうが痛いよ」
「バカ言うな。痛いのは殴られた僕の体だ」
「兄ちゃんが私に勝てるわけないだろ」
「火憐ちゃんが僕に勝てるわけないだろ」

終盤。火憐は力は強くなくてはいけないと言ったことを話すと
「力が強くっても意味なんてねぇよ。本物に必要なのは、意志の強さだ」
意思がない。他人のためではいけないと語る暦
反論する火憐だが
「他人に理由を押し付けて、それでどうやって責任を獲るって言うんだ」
「おまえたちは正義でも、正義の味方でもない。
正義の味方ごっこで戯れるただの餓鬼だ。 偽物だ」

それでも暦は妹は誇りだと語り、誇りを汚した奴を許せない
「妹のしりぬぐいなんて、兄ちゃんにとって名誉以外の何物でもない
今回は僕のかっこいいことろ見せてやる。惚れないように気をつけるんだな
近親相姦になっちまうぞ」

「とっくに惚れてる。後はまかせた」

。貝木とひたぎと暦。
貝木は意外とあっさり中学生相手の詐欺とひたぎへの被害額をできるだけ返すと
語るが、ひたぎは嘘だと指摘。貝木はひたぎが普通になったと残念がる。

暦は妹のにも責任があるのであんまり責めないが・・
貝木には一人で来たこと以外は非はないという複数でくればよかったと・・
それにああいうやつがいないと詐欺師にとってはつまらない・・と
ひたぎは詐欺師なら私も言いくるめてしまえばいいと言うと
「戦場ヶ原。何かおまえは誤解しているな。
 いやむしろ過大評価と言うべきか。
 お前が敵視するこの俺はただのさえない中年だよ
 詐欺師としても至極小物の侘しい人間だ。
 それともお前にはおれが化け物にでも見えたか」

「まさかあなたはただの・・偽物よ」
人生には劇的なのかどうか
貝木は暦に目を向ける。
「怪異を知っているのか」暦
「おまえの質問にはこう答えよう。怪異は知らない
 しかし怪異を知るモノを知っている。
 それだけのことだ」
「正確には怪異を知ると思いこんでいるものを知ってるだけなのだがな」


火憐の蜂は時間で治ると語る貝木。信じ込ませただけだった・・

「だまされる方も悪いのよ」ひたぎ
悪の敵を豪語するひたぎ。貝木の携帯を折り、貝木の嘘を責めるが
貝木はひたぎと暦の関係を理解しながらも過去を責め
過去の詐欺師は死んだことを話すが、ひたぎは嘘だと言うが
嘘を言うことが嘘だとしたらと言う問答に・・
「嘘だろうと本当だろうと。しょせんこの世に真実などない」
貝木はひたぎが自分に惚れていたことを言って
過去に意味はないと語り去っていく
この言葉に暦は焦るが、ひたぎは助けてくれた人に惹かれていたのかもしれないと
言う
過去対してけじめをつけたはずのひたぎ
そして暦へのお願いは
「今夜は私に優しくしなさい」ひたぎ
後日、妹の体調は治っていつも通り、ファイヤーシスターズは活動をする
後始末・ケアをするためだと言い
「正義の味方だよ。お兄ちゃん」
「正義の味方じゃなくて正義そのものだよ。お兄ちゃん」月火

後半の話はほとんど貝木の独壇場。いいキャラでした。
ある意味達観した思想を持っているので、暦とはほんとに水と油ですね

かれんびーは終わり?ということで妹は月火になりますが
テーマとしては偽物と本物に明確な差などないってことだったのか
でも、間延びしてた感はありましたが、貝木の話はそれ以上にとよかった・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

「兄ちゃんじゃなきゃ、手加減できたかも知れないけど」 とは、最初に宣言してたけど・・・・火憐ちゃん、容赦ないなぁ(汗汗) というか、強すぎる
第7話 かれんビー 其の漆 道で倒れている火憐を発見する暦。帰るぞ。マジで兄ちゃんと勝負するのは随分と 久しぶりだな。思いあがるな。火憐にボコボコにされる暦。それでも立
「かれんビー 其ノ?」 今夜は私に優しくしなさい ひたぎの照れた顔が可愛いです.+(´^ω^`)+. これが彼女の条件ですか^^  最初からは言えないですな( *´艸`) 失踪し
それでも、やり抜くのだ。 というわけで、 「偽物語」7話 continueの巻。 えらくあっさりと決着つきましたが、 後味すっきりでよかったと思います。 元々、深刻な大事件ってわけ...
偽物語ですが、阿良々木暦は火憐のバトルによって道路が破壊されていきます。火憐は逆立ち蹴りやフランケンシュタイナーなど大技も発動させますが、暦は火憐の正義など自分の為では...
「本物に必要なのは、意志の強さだ」 バカいうな。痛いのは殴られた僕の体だ… 戦場ヶ原とともに、貝木に話をつけに行こうと決めた矢先、 火憐が家を出て行ってしまった! 何と
かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]大災害を引き起こす兄妹ゲンカと悪に立ち向かう悪意。 いったい、誰がラスボスなのか分かりませんね(苦笑
阿良々木君と火憐のバトルシーンのオーバーアクションにあっけにとられた。 このアニメでコンクリにめり込む阿良々木君とか見れるとは思わなかった。 サブタイトルは「かれんビー...
結局、貝木の一人勝ちっぽい感じでしたね。 蟹、蝸牛、猿、蛇、猫。 直江津高校周辺に現れた怪異に関わった5人の少女の事件が解決し、 文化祭を終えた夏休み。 阿良々木暦の
「ファイヤーシスターズ」は 火のついた花火のような勢いで 出撃していったのであった。 かれんビー編は今回で終了。 阿良々木君と戦場ヶ原さん、そして貝木の対決。 戦場ヶ原さ...
「私を助けてくれたのが、阿良々木くんで本当によかった」 ・アバンは火憐を発見する阿良々木から。 ・話し合いじゃ解決しないので、阿良々木と火憐のマジ喧嘩。フルボッコ過ぎ
―本物に必要なのは意志の強さ― どんなに強くたって、どんなに自分の中の正義が高潔なものであってもそこに自分の意志それも不屈の意志がなければ本物の正義の味方ではない・・・ ...
 え? 暦の驚きのタイミングが絶妙でしたね。
暦に発見された火憐ちゃん。 止めようとする兄に抵抗する妹。 どこにでもあるような兄妹の喧嘩となるんだけど。 この兄妹がやると まるで大災害ですねw ▼ 偽物語 第7話 「か...
偽物語の感想です。 かれんビーということだけど、内容はそこじゃないんだなと思った。
関わりたくは無いと直感的に思った男、貝木との直接対決。「偽物語」の第7話。 ある程度は蜂の毒を軽減したとは言え本調子にはほど遠いまま再戦に乗り出す火憐。 見つけて止める...
 2人の中学生姉妹、阿良々木火憐と月火による冒険と、それを救う兄阿良々木暦の物語、第7話場面1 暦vs火憐  貝木を探して家をでた火憐に追いついた暦。バスを待つ道路でバト...
阿良々木くん、私いまから世界一ひどいことを言うわよ。
偽物語 『かれんビー 其ノ漆』 ≪あらすじ≫ “囲い火蜂”の毒も癒えぬまま家を飛び出した火憐を追う暦は、忍の力も借りてようやく火憐を発見した。力尽くでも通るという火憐と
火憐を見つけた暦ですが、道端で倒れ伏す火憐からの言葉は、「よぅ…、キス魔…」と… だから、そのシーンを見せてくれ… 話は平行線で、暦を倒して行こうとする火憐。 建造物が ...
火憐と暦のバトルシーンにおける動きがいいですね! スピード感もなかなかだったなぁ。 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/04/25)神谷浩史、喜多村英梨...
褒めて。当初はボロクソ言いまくり&暴れまくりで最後は「好き」で締める。このアニメのヒロインはそういう傾向がある様です。流石に全員ギャップ効果狙いだと暦も対応に慣れてきた...
ルビジウム
偽物語 第漆話「かれんビー 其ノ漆」 火憐を見つけた暦。 暦は「あとは任せろ」と言ったが、 火憐は「あとは任せた」とは言ってない。 ということで争いに。 「うそ…なんで
「かれんビー其ノ漆」 火憐を見つけた暦は、自分で解決しようとするのを止めようとする。 格闘が始まり、経験値のある火憐の一方的な展開に。 だが、暦は火憐を戒めて貝...
かれんビー、ついに決着。何気に全シリーズ通してキモになる回ではないでしょうか。 原作通りのあっさりさが、上手いこと演出されていましたね。 貝木さんの声優は本当にうまい
「本物」の強さ―
「偽物語」 第三巻/かれんビー(下)【通常版】 [DVD](2012/06/27)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る 阿良々木火憐を止めるべく、兄として立ちふさがる阿良々木暦。 「勝った方が正...