雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ギルティクラウン 第20話 「追想:a diary」感想

2012.03.10 (Sat)
・・・いろいろ分かってきました・・・
「12月25日、今ある世界は終了し、新たな世界が始まるだろう。」
涯は世界に宣言する。いのりも真名の意思が浸透しようとしていた


葬儀社などのメンバーが集合。戦う準備がされていく中
そこには四分儀の姿も。彼は涯から集に渡すように頼まれた
クロス(父)の日記を渡す

茎道とクロスの過去
二人はゲノム共鳴に関し、才能を認め合う中であったが
クロスは四条サエコという学内トップの美人と結ばれていった・・
さらに子供までいた・・それが真名である

その後、クロスは大島に引っ越すとゲノム共鳴を活性化させ、硬質化させるウィルスを
有する隕石が飛来し、研究をする
「ゲノム共鳴を奏でる楽器・・黙示録のラップだ。」

「四度目の黙示録。生命の一斉淘汰と進化が行われます」

ユウが二人の元に来て、こう言い放つ。それは真名がイヴとして覚醒した時
そして、妻の二人目・集を生ませることが条件だった

妻が死んだことでクロスには断られたようだが・・茎道はユウに協力する

ゲノム共鳴に関する実験・アダムを生み出す施設
「私が君の父になる男だ」
そこにいたのは涯。逃げ出しながら、その先には真名が待っていた・・

その後、クロスは春香に出会う。研究に没頭する姿はまるで殉教者のごとく
春香には見えていた・・
そして入籍した二人であったが・・あの日ロストクリスマス
クロスと茎道は言い争う
クロスはヴォイドゲノムを生み出していた。茎道はそれを日記で知る
「皆でやったって考えが薄まるだけだよ・・」
「自分の窮地に友達を巻き込むわけにはいかないだろう」

クロスが来て、協力を画策する茎道は妬みを言い放つ
「俺たちは友達なんかじゃない」
それに怒った茎道はクロスを射殺。同時にロストクリスマスが起こる


一方、集のヴォイドは一時的に格納し、相手のウィルスを受け入れてしまうものだった
集は谷尋達にヴォイドを返そうとするが谷尋は都合がいいと怒る。
綾瀬は集がだめなら皆がだめだと持ってて欲しいと告げる
「いいよ。それはお前にやったんだ」颯太
「握手をしよう。颯太。仲直りには握手だろう。
 僕たちはこのまま別れちゃいけない。そう思うんだ」


二人は握手をし、颯太は涙を流す・・
「友達だ。僕らは一生・・友達だ・・」

谷尋達と別れ、集たちは涯の元へ行くのでした・・

過去編があって、全貌が見えてきたよ。
余裕がないとだめってことなのかな
集と颯太は話せばなんとかなったかもしれないのに・・
できない状況だったし

クロスが万能すぎる。
集の名前をクロスが孤独にならないよう
つけた名前の通り、今、周りには仲間がいますが・・
これまで長かったなぁ・・

いろいろ分かってきたので、最終決戦期待します

・・・ヴォイド

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

集の名前に込められた意味。 The Everlasting Guilty Crown(初回生産限定盤)(DVD付)(2012/03/07)EGOIST商品詳細を見る
4度目の黙示録へ――。  真名がいのりの体を乗っ取るのも時間の問題。 涯は世界に 最終通告をつきつける…。 12月25日、今ある世界は終了し、新たな世界が始まるだろう。  ▼
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 何でこうも、2本続けて人間不信に陥るようなアニメを放送するんだ…! まぁ、ギルクラの方は少しずつ...
ギルティクラウンの第20話を見ました。 The Everlasting Guilty Crown 【【初回生産限定盤】 【CD Maxi】価格:1,575円(税込、送料別) phase20 追想:a diary 「どうだ?真名」 「窮屈ね。この...
ギルティクラウンですが、涯と桜満集たちの戦いも白熱していきます。 桜満クロス博士の日記により過去が明らかとなります。(以下に続きます)
 集の父親はなんだかんだでリア充?
「あの日 俺は運命から逃れようとして  より大きな運命に絡め取られたんだ  そうだろう? 集――…」 クロスと茎道、そして涯の過去が明らかに――! 今ある世界は終わり新たな世界...
The Everlasting Guilty Crown(初回生産限定盤)(DVD付)(2012/03/07)EGOIST商品詳細を見る ギルクラの物語の全貌が明らかになった回でした。
「ギルティクラウン」  第20話 「追想 -a Diary-」 の感想記事です。   さぁ、いよいよクライマックスですネー!   今週は予想どおりの、過去の回想回。   タイトルが 「追想...
窮屈ね… この子偽物のくせに頑固なんだもの… でももう少しで全部私になるわ。 そうしたら楽しい事いっぱいしましょうね… トリトン 涯がいのりを真名って呼んでいるし… いのりが...
『追想:a diary』
ギルティクラウン 第20話「追想」 涯が改めて世界に宣告する。 かつて「邪魔をするな」と告げたはずなのに、相次ぐ侵入工作やハッキング行為。 よって涯は今ある世界を12月15日
関俊彦と井上和彦の愛憎劇! やだっ、濃ゆい、濃すぎるぅぅ~。 どんだけ科学が進歩し続けようと、 どんだけ技術が進化に近づいても、 結局人を突き動かすのは嫉妬と劣等感なのよ