雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ペルソナ4 第23話 『In order to Find the Truth』感想

2012.03.18 (Sun)
・・・奈々子ぉぉぉ(何度め)・・・そして事件は終局へ
奈々子が死に、皆の怒りの矛先は生田目に向かう
「奈々子は死んで、なんであいつは生きてる。
 ぶっ殺してやる・・・俺には奈々子しか・・奈々子しか・・・」堂島


堂島を病室に戻しにく足立
鳴上達は生田目の病室に行く。

マヨナカテレビが映りだし、そこには生田目が映り
「法律で俺を殺せない。
 好きにすればいいさ、俺を恨んでるんだ問う、。俺はどっちだっていいんだ。
 生きるも死ぬも俺には大差ない・・」


「法律がどうした?俺はお前を許し気はねぇぞ」完二
「この男がテレビの中に逃げてしまっても仕方がない
 最も一度入ったら自力で出る方法なんてないかもしれませんけど」直人

皆が討論を交わす中
鳴上は生田目の襟をつかみ、テレビの中に入れようとする
「関わりたくねぇ奴は出て行けばいい」花村

だが、鳴上の頭に奈々子の顔が浮かび、生田目を離す
「このままじゃあいつが野放しになる。そしてまた救済とならを繰り返す。
 今俺たちの手で終わらせるんだ。」

「そうじゃあ、その男と同じだ。」
「俺たちの目的は真実を知ることだ。」

鳴上には何かを誤解していると感じ、花村も落ち着くように諭す。
直人も同調し、生田目から何も聞いていないことや
「今、私たちがバラバラになっちゃだめじゃんよ」里中
花村、完二も考え抜いてからにすることで、落ち着く。

山野アナを殺した理由が納得するものではなく
ショックを受けていたという
・・・動機がない
でも、メモ帳には名前があった。頭が混乱し、そしてクマとも連絡がとれず
日も遅く、雪も降ってきたので皆と別れることに

鳴上は皆と別れた後、一人で涙を流す。そこに戻ってきたのは花村
鳴上は花村の肩を借りて泣くのでした・・
「あの時、思いとどまったのは本当に正しかったのは・・俺は・・俺は・・
  くそっ」

後日、皆で考え直すと、救済と言う言葉の意味と何より
「これ以上助けるな」と「今度こそやめないと大事な人が入れられて殺される」
という鳴上への脅迫状に違和感があった
「自分でやってんなら、入れて・殺すだろ」
「これは別人か・・」

生田目が脅迫状の送り主ではなかった。そこで生田目の話を聞くことに
「理解できるのは俺たちだけです」

不倫報道もあり、実家に戻っていた生田目。
そこに映ったマヨナカテレビにいたのは山野
仕事もクビになり、生田目はあの映像はSOSと感じた
TVに触れることもできた生田目。彼は小西先輩へも警告しに行くが相手にされず
それなら無理やりテレビの中に入れてでも、拉致してでも救ってやろうと
生田目は自分にしかできないことを思ってしまった。
「無意識でヒーロー気取りだったんだよ」生田目

深い霧の中
「クマはもうどこにも居場所がないクマ。さよなら先生。皆。奈々ちゃん
何もできなくてごめんねクマ。さよなら・・さよなら」

マーガレットさんとも絆が生まれ
「一度立ち止まった方がいいということかもしれませんな」イゴール

久保の事件も堂島から聞くこともできた
「必ずいるはずなんです。全ての条件を満たした人物が、この町のどこかに
 山野アナと小西先輩に何らかの接点があって、僕たちの行動をある程度計測的に
 把握することができて、先輩の自宅に怪しまれずに近づけた人物が」

「全ての条件を満たす人物・・はっ」
行き詰っていたに見えた事件も鳴上は何かに気付いたようです

奈々子復活やった
でも、クマはどこにいったのでしょう
クマが霧の中に消えて行くと同時に奈々子の心拍は戻っていったわけですが
鳴上の涙を支えたのは花村でしたか
いいコンビですね


コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ペルソナ4 #23 『In Order to Find the Truth』 ≪あらすじ≫ 心肺停止となった菜々子。娘の死を前に激昂した遼太郎が生田目の部屋へ向かおうとしたことで、彼が同じ病院に入院しているこ
まさかの菜々子死亡。これにはビックリしました。まさか子供それも小学生を死なせるとは。当然堂島は怒り心頭。怪我の体を押して生田目の病室に押し入ろうとする。 これは二重の意
答えを出すには、まだ早い。 というわけで、 「Persona4 the ANIMATION」23話 思考を止めるなの巻。 いっそ、怒りに身を任せられたら。 このままじゃ、悲しみに沈んでしまいそうだか
「俺達は向き合わなければならない、真実と」 話してください、真実を。 ICUに入った菜々子の容態が急変! 慌てて駆けつける堂島だったが、着いたときにすでに菜々子の息はなく… ...
俺達は 何かを誤解しているんじゃないのか――?  菜々子が死んでしまった! この理不尽への怒りが 生田目に向かうのは当然ですかね。 しかし 生田目はテレビの世界とはまるで...
ペルソナ4の感想です。 真犯人を求めて。
 菜々子の死亡――!  その一言が現してるかの様に、ICUの外にいた仲間たちも悲しみのどん底に包まれてしまう。  しかも、本来ならば、アバンで出るはずのベルベットルームのシ
「俺たちの目的は 真実を知る事だ」 真実と向き合わなければならない――! 生田目と話をする悠たち    【第23話 あらすじ】 さらなる犠牲者を出してしまい、怒りを抑えきれな...
同じ病院にいる生田目の元へ行こうとする堂島だが、 当然警官に止められ病室に連れ戻されました。 堂島を警官が連れて行った隙に生天目の病室に入る悠達、 生田目に詰め寄ろう...
『さらなる犠牲者を出してしまい、怒りを抑えきれない悠達。 犯人をテレビの中に入れ、仇を討とうとするが……。 』 必死の治療も空しく亡くなってしまった菜々子ちゃん…前回は...