雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

「夏目友人帳 肆」第13話 「遠き家路」

2012.03.27 (Tue)
最終回・・夏目の思い出の日々・・
虫食いが心に入り込まれてしまった夏目
そこは無理やりではだめなため、ニャンコでもどうにもできず・・

夏目は思いだす
家に関わる思い出・・三世子の家にいた日々

妖絡みで、困る日々の夏目
そんな中で、ある静かな神社を自分の落ちつける場所を見つめるのだった

家では三世子が、食事をあまりとらないことで夏目も遠慮したり
同級生からは「同棲」とからかわれたりと、三世子との関係はあまりいいとは
言えず・・・

夏目は謝ろうと考えますが、考えただけですが・・

「お父さん、あの子どうしてうちに来たの・・」
三世子の不満が父にぶつかり、夏目もそれを聞いてしまう・・

三世子が別の部屋で寝ることになったため、その日
夏目は両親の写真を見てみるが・・・今でも寂しさは消せないでいた・・

三世子との登校中、両親の話しに、覚えてない父親を優しかったと
思う、夏目に三世子はどうも不満げ・・それは今に不満を持ってると思われた?

父の事を思い出せるかもと、夏目は家の住所が書かれた紙をもらい
安心している中で、まだ小さい虫食いにそそのかせる夏目。
追い払うが、その姿は三世子に見られていた・・

神社で落ちついているいたら、寝てしまう
すると、起きた時、外は豪雨に見舞われていた。
怖くて帰れなくなった夏目は町の人に助けられ、家に帰るが
三世子の両親は謝りに回ることとなってしまった・・
「何でお父さんたちが謝んないといけないの。
 何でお父さんたちが怒られなきゃいけないの。
 おかしいのはあんたじゃない。出てけ・・お前なんか出て行け。出てってよ!」


夏目は思わず、本当の家に走り出すが
「そこに僕の本当の家がある。
帰ろう。帰ろう、僕の本当の家…もう空っぽの家に」

と、何度も父の名を呼ぶが、呼んでも願っても
手が届かないと悟り、結局家にはつけなかった・・

「呼んでも、答えてくれないものを呼ぶのはやめると決めたんだ」

そこを虫食いに魅入られたが・・
「いいや、それでも今の俺を造っている欠片でもあるんだ。
どれだけ痛くても、大事な記憶なんだ」

「食わせろ。記憶の心を皆・・食わせろ」虫食い

それでも、塔子やニャンコの声を聞き、虫食いを心から
追いだす。そこを斑となったニャンコで一蹴

「俺を呼んだ・・俺の記憶を見た」
「おまえの記憶になど興味はない。
所詮、友人帳をいただくまでも付き合いさ」


本当の家にたどり着いた夏目
落書きやらあって、いがいとやんちゃな夏目。そこには家族の絵もあって
父の事もちらりと思いだすが、やっぱり涙は流れてしまった
「行ってきます・・父さん。さよなら。僕の家」

三世子にも別れを告げ、夏目は塔子の家に帰ってくるのでした

そして後日、またラムネの旅
道に迷っても、妖も飲みにいってて、夏目はうまく誘導
そこには多軌と笹田が先回りして、皆一緒でした。
それを眺めるヒノエ達とミスズの圧倒的存在感

藤原家そしてニャンコと写真を撮った夏目
「忘れられない。宝物の日々」

微妙にOPは最終回につながっていたのかな?

何だろう。ミスズが全部持っていった。
名取さんがサブミナル的に宣伝してるし・・

夏目にとって、家が点々としてることや
父親がいないことは、その後のつらい日々の
原点だったのではないでしょうか

三世子が不人気になりそうですが
たぶんあれが普通ですよね・・
今接することができたら、もっと
印象は違くなるでしょうが・・

夏目にとって、思いだすことはつらいことでも
あるようですが、最後は毎日が楽しいと思える
ようになったのは、周りとニャンコのおかげなのかもしれない・・

全体的に安定感が凄い作品
ニャンコのSPとしての機能が?の時があるが
作品の物語は丁寧に作られていたので、とても
切なくも、ほっこり見てられました

スタッフ・キャストのみなさん。御苦労さまでした
5期を楽しみにしています

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

夏目友人帳 肆の最終話を見ました。 第13話 遠き家路 三世子の家にすみついていた妖“ムシクイ”に貴志は心の中に入り込まれてしまう。 貴志の意識は三世子の家で暮らしたこ
【遠き家路】 夏目友人帳 肆 3(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:神谷浩史アニプレックス(2012-04-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る こちらも最終回ですね(ノ◇≦) 
忘れられない 宝物の日々――。  最後は夏目の家族についてのエピソードで 良い締めとなりました。 EDはこの話にピッタリあわせてた見たいでしたね(笑)  ▼ 夏目友人帳 ...
振り返らなきゃ、進めない。 というわけで、 「夏目友人帳 肆」13話(最終回) みんな悩んで大きくなったの巻。 本当の家族は、もういない。 その無情な現実を認めるのが、小
夏目友人帳 音楽集 おとのけの捧げもの(2008/09/24)TVサントラ、夏目貴志(神谷浩史) 他商品詳細を見る  美形だけあって、チビっ子時代は素直に可愛いものがあります。三世子の態度はきつ...
こんな低級に入り込まれおって!そしていつもいつも先生は出し抜かれおって! 毎回油断している夏目。常に護衛失敗するニャンコ先生。 いい加減夏目は退魔修行でもしろ!なんて
忘れられない宝物の日々 「夏目友人帳 肆」第十三話感想です。 たからもの【初回生産限定盤】(2012/02/22)河野マリナ商品詳細を見る
切なくも温かい4期最終話。 夏目友人帳はきついシーンもちゃんと描いてるのがよいと思います。 辛かった時も今の自分につながっている。 アヤカシの誘惑に負けなかった夏目。 夏目...
「さようなら、僕の家。さぁ、帰ろう」 父親と過ごした生家に行く途中、ムシクイに入り込まれてしまった夏目。 心を喰らう妖らしいので、無理に追い払うと夏目の心が壊れる可能性...
 まだまだ続きそうな感じの4期最終回でした。
「さよなら 僕の家、さぁ帰ろう――」 帰るべき場所――! ムシクイに襲われながらも 実家へと辿り着いた夏目    【最終話 あらすじ】 三世子の家に住みついていた妖怪ムシクイ
やっぱり『夏目友人帳』は、いい話が多くて心に響きますね。 これで終わりというのが残念です。 5期を期待して待っていますよ。 三世子の家に住みついていた妖怪ムシクイに、...
「遠き家路」 ただいま 夏目の遠い記憶を見ていないと言っていたニャンコ先生だけど、うどんを要求しなかったという事は夏目気持ちを察しての事だったのかもしれません…? ...
―ただいま― お帰りなさい、と迎えてくれる優しい笑顔。 今回の小さなな旅路は夏目の心を探す旅でもありました。悲しい過去、優しい想い出、それを全て形作っているのが今の彼な ...
夏目友人帳ですが、妖怪にとりつかれた夏目は小学生時代を思い出します。 当時は怖い妖怪がそこらじゅうにいるので怯えて暮らしていましたが クラスメイトには変に思われますし
虫食いに心の中に入り込まれた貴志。 辛い事が多かった三世子の家での日々を思い出し、追いつめられますが、悲しい記憶も今の自分を形作っている大切な記憶で、虫食いに食わせる ...