雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

坂道のアポロン 第1話「モーニン」感想

2012.04.14 (Sat)
ジャズと出会った青年
公式サイト
1966年初夏。

高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で横須賀からひとり
親戚のいる九州へ引っ越してきた。
それまで優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが
“札付きのワル”と恐れられる破天荒なクラスメイト・川渕千太郎との出会いが
彼を変えていく。
父親のもとを離れ、叔父のいる九州の高校へと転入した西見薫。
しかし転入初日、慣れない環境と周囲からの好奇の視線に耐えられず
薫は激しい吐き気を催してしまう。教室を飛び出し
あわてて学校の屋上へと向かう薫。しかしそこで彼を待っていたのは
川渕千太郎との出会いだった。公式より

「遠慮ない視線・・聞きなれない九州弁・・今まで一番派手なお出迎えだ・・」


転校してきた西見薫は札付きの不良の噂を聞き
想像しただけでどこか吐き気を催すが、その時、クラス委員の迎に声をかけられ
落ち着きを戻す

「小学校の時から、転校を繰り返してきた。ふとしたきっかけで
 心のバランスが取れなくなり、ちょっとしたストレスで吐く癖をつけてしまった
 でも、ある時、俺は学校の中に自分を取り戻せる場所を見つけたんだ
 そう・・・あの屋上にさえいけば」


屋上にいたのは、がたいの良い青年。いきなりボケをかましますが
三年には目をつけられる様子・・
屋上のカギ、それはその三年が所持し、自由にはいけなかった
「おまえ・・そあん、カギ欲しかとか」
「あ・・欲しい」
そのがたいのいい青年は帽子を預け、三年の元へ行き
力づくでカギを奪い、10万でやると言って渡さず
雨が降り、教室に戻ったがたいのいい青年・それは噂の不良
川渕千太郎
「今日からお前はボンや・・よろしくな」
金持ちということを聞き、妙なあだ名をつけた川渕に、西見はまたも
吐き気が・・川渕からカギを借り、屋上に向かうと川渕もついてくる

雨の中、傘をさして立つ二人
川渕は西見に興味津津、そして雨にうたれる川渕は西見にも
一片浴びてみいと、傘を奪うと、同時に土砂降りに・・
びしょぬれで戻ってきた二人でした・・
保健室で、着替えをすることにした二人

「これは・・・ジャズ」
川渕の木の棒をリズミカルにうつ音を聞いて西見はつぶやく
そこで川渕は西見がクラシックをひけることを聞く

昔、船乗りだった父は留守気味だった。西見はピアノを引いていると
その寂しさを紛らわすことができていた。
居候の家では、子供がピアノを聞きたいと言ったのに
責任逃れ、それを西見は反論することなく
おばさんには家庭の非難を受けてしまう

迎律子は西見が川渕と仲良くしていることにうれしさを感じ
律子と川渕が幼馴染と聞き、そして下の名前で呼んでいることに
気付き、律子は西見も「薫さん」と呼ばれ、喜ぶ・・

レコード屋を聞くと、律子の家がレコード屋で
ピアノを引けると聞き、律子は地下室へ。そこにピアノと
ドラムと川渕がいたのだった
律子はピアノが弾けることを伝えるが川渕には、「おすましクラシック」と言われしまう
川渕はドラムの腕を披露する。その姿に西見は驚く
そして川渕はピアノがほとんどだめだった

「聞いてられないな・・こうだよ・・」

「違う・・全然ダメだ・・」

「なんでだよ。ちゃんと引けてたはずだ」

スウィングしとらん・・のっぺりしとって全然ジャズには聞こえんばい」
「ねぇうちさぁ二人のセッション聞いてみたかぁ」
「はぁ」二人
律子の言葉に川渕はセンスもないとなじり、二人は意地の張り合いに
そして川渕がひいた曲のレコードを買って帰った
西見は川渕のドラムが耳から離れず
「俺の大嫌いな坂道を軽々駆けおりていく
君にはその坂の先に何が見えているのか
それは俺が見たこともない景色なのか」


どこかレトロ感が漂う作品でしたがおもしろかったです
ヒロインがこんなに魅力的に描かれているのは少ないと思う
正統派って感じで

西見のことを変えていくきっかえとしてのジャズとそして川渕
これからどうなっていくのか見ものです

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ジャズって所に惹かれた。1960年代を舞台に、ジャズを題材にしたアニメみたいです。横須賀から九州に転校してきた新見薫。都会から田舎に都落ちしたかのごとく本人不満気。 委員長の
放送前から気になっていた今期のノイタミナ枠アニメ。 期待通りの面白さです。 これからの展開が楽しみですよ。 父親のもとを離れ、叔父のいる九州の高校へと転入した西見薫。
『父親のもとを離れ、叔父のいる九州の高校へと転入した西見薫。しかし転入初日、慣れない環境と周囲からの好奇の視線に耐えられず、薫は激しい吐き気を催してしまう。教室を飛び出...
菅野さんといえばジャズってイメージありますが。 よい音楽と雰囲気のアニメですね♪ 設定が1966年の学園と言うのも ジャズにあってる感じですね。 ▼ 坂道のアポロン 第1話「
投稿者・全力丘 坂道のアポロン 1 (フラワーコミックスアルファ)(2008/04/25)小玉 ユキ商品詳細を見る 父親のもとを離れ、叔父のいる九州の高校へと転入した西見薫。しかし転入初日、
坂道のアポロンの第1話を見ました。 #1 モーニン 父親の仕事の都合で横須賀から叔父のいる九州の高校へと一人で転入した西見薫は転入初日、迎律子に校舎案内してもらうこと
「俺の大嫌いな坂道を軽々と駆け降りていく。 君には、その坂の先に何が見えているのか… それは、俺の見たこともない景色なのか───?」 原作未読。 ちょっと絵が苦手かも~
坂道のアポロンですが、クールな秀才の西見薫は九州の高校に転校してきます。 屋上が憩いの場所ですが、クラスの問題生徒である川渕千太郎と会います。(以下に続きます)
「モーニン」 ねぇ!うちさぁ、二人のセッション聴いてみたかぁ! 予告で内容が音楽でしかもジャズ… しかも画風が好みではなかったんで、ぶっちゃけ興味ナッシングだった...
『父親のもとを離れ、叔父のいる九州の高校へと転入した西見薫。しかし転入初日、慣れない環境と周囲からの好奇の視線に耐えられず、薫は激しい吐き気を催してしまう。教室を飛び出...
「君には その坂の先に何が見えているのか それは 俺の見た事も無い景色なのか――?」 九州へと転校してきた薫が出会ったのは 札付きの悪・千太郎! 千太郎の叩くドラムの音を聞いた...
坂道のアポロン公式サイト 原作未読。JAZZのことなんかさっぱり分からないけど。ドラムが響きだした瞬間、ピアノが鳴り出した瞬間、ぐわっと『何か』が動き出すのを感じまして。
 こちらでは、東京マグニチュード8.0以来のノイタミナ本格的復活!?っす☆彡  正確に言えば、半年前に終わったうさぎドロップ以来のノイタミナ枠放送なんですが、こちらの場合、2週
 坂道のアポロンに続いてのノイタミナ第2部っす(>▽<)  BSフジで2部制を味わってますが、地上波で見るとより一層に感激です♪  1話見たら、アポロンの方は音楽が楽しみって感じ