雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

つり球 第6話「戦慄のスプラッシュ」

2012.05.18 (Fri)
釣りからSFへ・・
入院していたケイトが退院できる事になった。そのお祝いにマグロを釣ってプレゼントしようと決意するユキ。夏樹やハルにも協力してもらいマグロ釣りに挑戦するが、その道は険しく……。
公式より
追加
しかし、釣れないために多くの魚が集まるが、地元の人が近づきたがらない人口漁礁に
山田の船で向かい、無事釣ることができるが・・
謎の現象に巻き込まれるのでした

印象に残った台詞
「ユキじゃ無理だ。俺に釣らせろ」
「待て。後ワンチャンス」
「何度やっても同じだ」
「バカ野郎。信じろよ。ユキが釣らなきゃ意味ねぇだろ
 ユキ、ばあちゃん待ってんぞ」

釣れないユキに業を煮やした山田が言うが夏樹は庇う

「やったな。ユキ」
「ありがとう」
「手こずらせやがって」
「ケイト喜ぶね」
「ありがとう。アキラ」
「なに言ってんだ。釣ったのはお前だろ」
「ううん。皆のおかげだよ」
マグロを釣ったユキと皆

「皆ごめん・・・」
「そこの人間宇宙人。そこの人間宇宙人。そこの人間宇宙人・・そこの」

「おまえ正体を現したな。お前の目的はなんだ・・」
「人間っておもしろーい」
マグロを釣った後急に記憶を失ったような感覚に襲われ
ハルの頭に浮かんだ謎の三角形が割れ、夏樹とユキに水鉄砲をかけ
山田にもかけようとした

物語が釣りからSFになってきましたが
最後のハルが異様に怖く感じましたし、山田が本当にイイキャラに
なったと思います。
あの子が純粋に釣り好きじゃないかな・・
ユキと夏樹は本当にいいコンビで見てて気持ちいい

物語がSFに転向していくのだと感じた回でした。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

釣りからSFへ・・
「戦慄のスプラッシュ」 俺、自分で魚釣ってばあちゃんに食べさせたいんだ!
『入院していたケイトが退院できる事になった。そのお祝いにマグロを釣ってプレゼントしようと決意するユキ。夏樹やハルにも協力してもらいマグロ釣りに挑戦するが、その道は険しく...
「バカヤロー! 信じろよ!  ユキが釣らなきゃ意味ねえだろ!」 釣 り 王 子 が 熱 い ! 確かにユキが釣ってこそのケイトへのお祝いだろうし 大好きな家族のために釣る
『戦慄のスプラッシュ』