雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

つり球 第7話「切なくてカウントダウン」 簡略感想

2012.05.26 (Sat)
釣りとSFが交差するとき・・・って違う
マグロ釣りから戻ってからというもの、ハルの様子がおかしい。
釣りを「しない!」と言い始めているのだ。何かが変化し始めていた。
そんな中、夏樹の誕生日がやってくる。妹のサクラを始め
皆でお祝いするのだが当の夏樹は浮かない顔で……
公式


「ユキ・・そろそろルアーかえたらどうだ?」
「でも、あれで釣るって決めたから」
「いつまでも同じことしてたら敵に欺かれるぞ」
「あいつは同じことなんてしてねぇよ。さっきからいろいろ試してる・・」
なかなか釣れず、アキラが提案するが一途なユキとそれを見る夏樹

「みんながいけばもめることはないはずだ」
「おまえたまにはいいこと言うな・・」
同乗するか否かでアキラ

「バスプロなんてなれるわけねぇだろ。わかってんだろ。
江の島じゃブラックバスは釣れない
 こんなところにいたってプロになんてなれるわけねぇんだよ」

「じゃあ、江の島出ろ」
「そんなの・・無理だろ」
[なんでだ。ほんとにプロになりたきゃできるはずだ」
「店どうすんだよ」
「別におまえは継がなくていい」
「改装してシラスカフェ(ここうまく聞き取れなかった)
 でもやろうと思ってんだ。皆でアイディアだして準備してんだ
 俺には俺の夢がある。お前はお前の・・」

「なんでそんな大事なこといわねぇんだよ。なんで俺にだけ黙ってんだよ」
 「あの店は・・俺の店だ。お前は無理してやることはない。お前にはお前の人生が」
「俺だって家族だろうが、あんたつめたいんだよ。ほんと嫌なんだよ。
あんたのそういうところが」

最後に写真をとり、さくらがプレゼントを渡そうとした時、父の言葉に夏樹は怒り喧嘩へ


SF面が強くでた回でした。
あの踊りがここまで不気味になるなんて思わなんだ。
主人公がある意味で成長したのでどうなるかと思ったら
夏樹とハルの成長を描き出すのだと思いました。
それでも夏樹の親の問題はまだかかりそうですが・・・
こじれた分、さくらがいなくなった分、好転する展開になるのだと思いますが
SFの部分が関わるとどうするのか分からないですね・・
回を増すごとにアキラがいいキャラになっていく。
あれが・・大人の余裕か・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ユキは本当に成長したなぁ。 初めての友達との喧嘩。 夏樹の家族問題、お互いを思っているのにすれ違っていますね。 最後の光景、江の島が大変なことになってる! マグロ釣りか
釣りとSFが交差するとき・・・って違う
「さーくらー! 見てろ。  でーっかいの釣ってやるからなー!」 妹と喋る時のトーンの高さが溺愛ぶりを示す夏樹お兄ちゃんに 視聴者(私)まで顔が綻ぶv だのに・・・ 「いい
神隠しとバミューダシンドロームについて、それとハルの目的である“あいつ”について少しだけ明らかになった前回。サブタイトルが前回「○○の○○」ではなく、前々回と同じ形式に...
「切なくてカウントダウン」 この前はビックリさせてゴメン!僕もうしないから、もう大丈夫だから
投稿者・フォルテ 空も飛べるはず/ビアンカ/恋するスポーツ(初回生産限定盤)(2012/05/23)さよならポニーテール商品詳細を見る マグロ釣りから戻ってからというもの、ハルの様子がおか...
『マグロ釣りから戻ってからというもの、ハルの様子がおかしい。釣りを「しない!」と言い始めているのだ。何かが変化し始めていた。そんな中、夏樹の誕生日がやってくる。妹のサク...
色褪せながら、ひび割れながら、輝くすべを求めて……。
『切なくてカウントダウン』