雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

坂道のアポロン 第10話 「イン・ア・センチメンタル・ムード」 簡易感想

2012.06.15 (Fri)
薫の二度目。そして千太郎は・・・
東京に駆け落ちした淳一と百合香――千太郎の恋は悲しい結末を迎えた。
一方、薫と律子は、クリスマスの一件を経て、徐々に接近。
なかなか次の一歩が踏み出せない薫だったが
風邪のお見舞いにやって来た律子に、彼は2度目の告白を果たす。
そして季節はめぐり、高校3年の夏。練習に打ち込む千太郎に、ある知らせが舞い込む。
公式より


印象に・・・
「ねぇ律ちゃんはなんで俺に手袋くれたの?」
「え、な、なんでって」
「あいつじゃなくて俺に・・」
「だって今までずっとあいつのこと好きだったんなら」

その後
「律ちゃんにあんなこと言うつもりじゃなかった
 でもどっかで引っ掛かってたんだ。
 律ちゃんの心に・・まだあいつがいるんじゃないかって」



「小さいころからずっと一緒なんだから俺があいつにかなうわけないんだよ
あいつは俺と違って、体はでかいし、力は強いしさ、顔だってときどきハッとする
 くらい男前だし。律ちゃんは俺なんかよりあいつといた方が・・・」

「もうやめて。解ったけん。もうそれ以上言わんで。うちもう帰るけん」
「薫さんは、うちもこと嫌いになったと。それともただ自身がなかけん。
うちば遠ざけようとすると?薫さんがうちに自信持てって言ってくれたとよ。
 そのおかげでうち・・何回も救われたとに薫さんの自身のなかとこ
 見とったら、うちまで自信をなくしてしまうそうや」

「あれ・・何やってんだ俺。俺が今までひたすら望んできたことは・・・」
帰っていく律子に薫は風邪の体を押しながら
「律ちゃん」
「薫さん」
「律ちゃん。来ないで・・俺が行く。」
「はぁはぁ・・・もう一回告白させて。好きだ。俺は律ちゃんが好きだー
 好きだ好きだ好きだ好きだ。す・・。」

「もう、お家の人に聞こえるよ」
「構うもんか。俺、体は大きくないし、男らしさも足りないかもしれないけど
 好きな気持ちはだれにも負けない」

「風邪・・うつっちゃうかな」
「うつってもよか。」


「・・・凄いもの見ちゃった」
キスしようとしますが気を失う薫でした・・・
幾度となく律子との関係をどうしたらいいかわからなくなる薫でしたが
少しづつ気付き、最後は男らしく告白するのでした・・・


「やっぱ。おいはお前とセッションしてる時が一番楽しかばい」
「嘘ついて済まん。文化祭、おいも楽しみやったし出たかった。律子のことよろしくな
 ・・・・・元気で」

文化祭でのセッションに二人でわくわくしながら練習に励もうといている中
父親が帰ってくることを聞いた薫は千太郎の身を案じ、千太郎は大丈夫とふるまうが
千太郎はこう思いながら夜・・荷物をまとめているのだった


ちょ、ちょっと待ってと思った回でした。
たぶん12話?だと思ったので後一悶着あると
思ってましたが、父親が戻ってくると同時に千太郎が
出て行くことになってしまいそうなラストでした。
薫はまた少しヒステリックになってしまうのかと心配でしたが
告白したのは、本当にすごいなと・・・風邪ひいてたからか・・

原作は終了したので全部やるのかどうかはわかりませんが
ともかく千太郎はどうなるのか。文化祭は?そして父親は実際はどうなっているのか
気になりますねぇ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

坂道のアポロンの第10話を見ました。 #10 イン・ア・センチメンタル・ムード 東京へ淳一と百合香が駆け落ちする中、薫は律子からクリスマスプレゼントとして手編みの手袋を
一難去ってまた一難。 まさかこういう展開になるとは……。 次回が気になってしょうがないですよ。 東京に駆け落ちした淳一と百合香――千太郎の恋は悲しい結末を迎えた。 一方
律ちゃん好きだーーー!!せっかく律ちゃんが振り向いてくれたのに、千太郎への遠慮と嫉妬から素直になれないボン。でも最後には飛び出してきてマジ告白。ゲイナーとか五代くん思い...
「ねぇ、りっちゃん。なんで俺に手袋くれたの? 何であいつじゃなくて俺に?」 ピアノを開けると、そこにはりっちゃんが編んだ青い手袋が!? りっちゃんの意図がつかめない薫は
薫さん、考えすぎ (*≧∀≦) 律ちゃんからのプレゼントを 仙太郎のセーターの余りって  イメージ映像に吹きましたw 淳兄と百合香さんが駆け落ちしたのは千太郎にもダメージ
あらすじ 東京に駆け落ちした淳一と百合香――千太郎の恋は悲しい結末を迎えた。一方、薫と律子は、クリスマスの一件を経て、徐々に接近。なかなか次の一歩が踏み出せない薫だった
前回からの引き百合香さんの駆け落ちをキッカケに恋模様は大きくうねりを上げる手編みの手袋は薫の手元に。2人の気持ちを知っているだけに何故自分がと戸惑いを隠せないこの子は人...
「イン・ア・センチメンタル・ムード」 律っちゃん もう一回告白させて     俺は律っちゃんが大好きだァァァ!
薫の二度目。そして千太郎は・・・
坂道のアポロンですが、西見薫は迎律子からの手編みの手袋のプレゼントに戸惑います。律子はもともと川渕千太郎のことが好きだったわけで、薫は友情と恋愛の間で揺れていきます。(...