雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

坂道のアポロン 第12話(最終回) 「オール・ブルース」 簡略感想

2012.06.29 (Fri)
いつまでも思いは変わらず・・
姿を消した千太郎。
薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり
律子を傷つけてしまう。気持ちがすれ違ったまま
薫は東京の大学に合格し、町を離れる日が来るが…!?
奇跡的に出会った薫と千太郎がジャズを通じて共鳴し輝いた時間。
その光を失った薫の心はどこへ向かう? 相棒との絆はどうなる?
衝撃展開の最終回!!
公式より



「あいつがいなくなってよかったよ。これでいつでもりっちゃんを一人占めできる」
「やめて」
「なんで、なんでそがんこと言うと。千太郎がおらんようになってよかったなんて
 たとえ冗談でもそがん言葉聞きとうなかった」
押し倒した薫の言葉にショックを隠せず、抵抗し部屋を出る律子
「さっきはごめん。りっちゃん。ずっと言えなかったんだけど俺東京の大学に行くんだ
 今日はもう帰るね」
「最低だ。最低だ俺はくそ・・なんでこうなってしまうんだ。」
伝え終わり、薫は後悔しながら走って帰る。

「りっちゃん。そのままで聞いて。あのときはごめん。
 俺の話なんて聞きたくもないかもしれないけど、これだけは言わせて
 俺がここに通うようになったのは君の笑顔が見たかったからなんだ。
 りっちゃんが笑うといつも、苦しい時でもほっとした気持ちになれたんだ
 そんな気持ちを君に会って初めて知ったんだ。ありがとう。りっちゃん
 君に会えてよかった。」
東京の大学に受かり、その報告に来た薫は外から自分の思いを叫ぶ


「まずい・・逃げるぞ。ボン」
「おい・・待てよ。千」
8年の時がたち、医者となった薫にきた百合香が持ってきた写真に写っていた
千太郎の元を訪れ、セッション後叱られるのを逃げる二人
はしった二人の先はで律子と出会い笑っていた・・

たぶんどこかしらの話は削っていると思いながらも
とても面白かったです。
最後の8年後にはほとんどの人の姿が見れて良かった
淳一の姿が少し見たかった・・
まさかのメガネがいたような(車掌で・・)

律子も最後百合香からの手紙で千太郎も元を訪れてきたわけですが
薫の「いずれ忘れる」を皆覆すように千太郎は覚えていたようで
あの時代は携帯電話はなかったはずですし、人の気持ちはそうそう
忘れるものではないと思いました
松岡も忘れてなかったし・・・
ハッピーエンドは気持ちいい・・

迫力のある演奏シーンに原作をうまく消化しながら進めていった
スタッフのみなさん。ご苦労様でした。

コメント

アンケートのお願い
突然の書き込みで申し訳ありません。

ただいま、
アニメ調査室(仮)というブログで、
2012/4-6月期終了アニメアンケート
というものを行っています。

結果発表は、2012/8/4予定です。

もしよろしければ、
あなたのアニメ評価を教えてもらえませんか?

ご都合がつきましたらブログの方をご覧ください。

以上、
突然の書き込み失礼しました。

管理者のみに表示

トラックバック

痛々しい青春は、痛々しいままでいい。 坂道のアポロン 12話 『オール・ブルース』 のレビューです。
前回からの引き千太郎はどこかへ行ったまま帰ってこず 心ここにあらずな薫くん2人の思い出の場所であった屋上は開放されジャズにも離れてしまい複雑な心境・・・りっちゃんはそん...
坂道のアポロンの第12話を見ました。 #12 オール・ブルース 千太郎はさっちゃんの意識が戻ったのを確認するとロザリオを残して回復を待たずに姿を消してしまう。 薫はその現...
坂道のアポロンの感想です。 それぞれが進んだ道。
坂道のアポロンですが、川渕千太郎がいない学園生活は西見薫にとっては味気ないものとなります。迎律子ですら、その穴を埋めきれるとは言えません。(以下に続きます)
8年経っても変わらないセッション、これにて終止符
「あいつの事 ずっと忘れようとしてたのに  この鼓動が止まらない、この心臓のリズムがどうやっても止められない――」 東京の大学へ進学した薫、千太郎の事を忘れようとしたけれ
『姿を消した千太郎。薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり、律子を傷つけてしまう。気持ちがすれ違ったまま、薫は東京の大学に合格し、町を離れる日が来るが…!?奇跡的...
「西見君、2年の文化祭の君たちの演奏、 僕はきっと一生忘れないよ」 千太郎が姿を消し、薫は一時成績を落としたようだが今は主席に復帰。 それは嫌なことから逃れようと、勉強
薫と千太郎の再会、そして演奏シーンは良かったですね。 最後はやっぱりハッピーエンドがいいですから。 できればもう一話、欲しかったなぁ。 姿を消した千太郎。 薫はその現実
ジャズで繋がった青春の物語は、まだ続いてる... みたいな終りで良かったです♪ 坂道のアポロンと言うのは 千太郎のことを指してるだけでなく。 これから坂道をあがっていく途...
投稿者・全力丘 坂道のアポロン 1 (フラワーコミックスアルファ)(2008/04/25)小玉 ユキ商品詳細を見る 姿を消した千太郎。薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり、律子を傷つ
「オール・ブルース」 あいつのこと忘れようとしてたのに、この鼓動が止まらない     この心臓のリズムがどうやっても止めらない
投稿者・全力丘 坂道のアポロン 1 (フラワーコミックスアルファ)(2008/04/25)小玉 ユキ商品詳細を見る 毎クール厳選した1作品を総評してみます! 今回は全力丘が坂道のアポロンの全
アニメ「坂道のアポロン」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました 1966年 長崎 佐世保を舞台に高校生の薫、千太郎、律子を中心に 友情、恋模様を描く青春モノ そして 大きな軸...