雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

夏雪ランデブー 第8話 簡略感想

2012.08.24 (Fri)
思いを貫くのは・・・
店に戻った六花は、店内に残された生前の島尾を思わせる
フラワーアレンジメントや領収証の筆跡に混乱し
さらに島尾の持ち物が消えていることに気づく。
一方、絵本の世界で出口を探す葉月は
六花の願いが島尾と暮らすことだったらどうするべきかと悩む。

公式






「分かってない。死ぬまで言うこと裏腹で、死んでも落としまえ
 付けれなかった人の往生際の悪さ。なめてかかるとあなた絶対生きて帰れない」
「不思議なのはさ・・」
「この場所が王子の絵本の中だって言うわりには・・あんた助言から王子の作為を
 感じないんだよな。なんでかね・・」
「姫を自由にしたいというのも王子の本音の一つだからね」
「割りきれることばかりじゃねぇのは分かるけど・・
 マジであの旦那許せない」
「あんたにそういう顔させるのはいろいろ間違ってるよな・・
 俺は・・店長のためだったら何だってしたいのに
 だけどその願いがもし万が一、元旦那との生活を復活させたいだとしたら
 どうする俺・・みたいな・・・・・・・・・・・」
「いやいやいや間違ってる。ああ怖っ。今なんかとんでもないこと考えそうだった
 つか俺約束したんだ。店長に長生きするって」
「お調子者だなぁ」
「調子いいからこんなところいるんだろ」
「そうね・・」
「即答かよ」
「だって」
「だって何・・おい」
突然、葉月の後ろに現れる泣いている姫ではない六花
「やっぱり私まだ島尾くんのことが・・」
「だからって俺があきらめるかどうかってのは別の話ですからね」
「もし店長が未来で待ってなくても俺は絶対に会いたいんだよ。やるだけやって
 だめならだめで・・それはそれとして限りは尽くさねぇと。幽霊のニの前はごめんだ」
過去に引っ張れそうになる葉月
それでも彼は後悔しないように決意する・・


島尾はもう気付かれてもいいと思っているんだろうけど
まぁどう切り出していいか分からないので・・って印象が・・

六花はまぁ当然の反応ですが・・
次回予告だと・・まぁどうなるんでしょう。気付いた時・・
葉月はやれることはやるので外の世界にと目指しますが
その時はたぶん・・島尾はいないような気がします
本の世界が終わる=島尾も終わり
葉月がその続きを描くような・・・気も

次回が非常に気になる回でした





コメント


管理者のみに表示

トラックバック

夏雪ランデブー 8話 の感想を それぞれの決心のもとに、前に前にと進み始める ゴールに何があるかは分からないけど、もう前に進むしかない 愛する人の幸せのために、恋を見つけ
夏雪ランデブー 第8話 メモの筆跡。ひらがなをカタカナで書くこだわり。 六花の好きな花ばかり使った思い出のフラワーアレンジメント(多過ぎ) 六花もさすがに何かがおかし
「死ぬまで言うこと裏腹で 死んでも落とし前付けられなかった人の往生際の悪さをなめてかかると  あなた絶対に生きて帰れない!」 絵本の中で出口を探す亮介だけど、このままだと生...
『店に戻った六花は、店内に残された生前の島尾を思わせるフラワーアレンジメントや領収証の筆跡に混乱し、さらに島尾の持ち物が消えていることに気づく。一方、絵本の世界で出口を...
夏雪ランデブーの第8話を見ました。 第8話 海から先に帰った篤は部屋に残っていた自分の遺品を持ち出し、戻ってきた六花は店内に残された生前の篤を思わせるフラワーアレンジ
亮介、かなりヤバイ状況に陥っていますね。 入れ替わり状態、もっと早く終わるのかと最初は思っていたのですが 最終回まで続きそうな感じですね。 店に戻った六花は、店内に残さ
島尾くんから貰った花束忘れる分けない
葉月(中身は島尾君)は家宅侵入罪及び窃盗罪、詐欺罪にも問われかねない展開に(^^; 公式HPよりあらすじ 店に戻った六花は、店内に残された生前の島尾を思わせるフラワーアレンジ
だってオラは幽霊だから。未練タラタラながら自分の精算に乗り出した篤。なんと銀行で50万円もおろしてる。どうやって葉月の口座知ったのかと思ったら生前の自分のへそくりだった。 ...