雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

夏雪ランデブー 第10話 簡略感想

2012.09.08 (Sat)
互いが見つめているものは・・・
本格的に絵本の世界に閉じ込められた葉月は
気がつくと実体のない幽霊化した姿で現世に戻っていた。
彼は、そこで葉月(中身=島尾)を
「島尾くん」と呼び、楽しそうにふるまう六花を見てショックを受ける。
公式


気にいったシーン

「店長があんたを忘れないのは仕方ないし
 それが一生続くんだとしても・・俺は構わない。
 そりゃ人の生き死に納得できる分かれなんてないだろうけど
 あんた良く知ってるだろう
 あの人は戻ってくることのないあんたの
 残した店、後生大事に守ってるんだ
 全部抱えたまま
 だからこれ以上邪魔しないでやってくれよ」
葉月が幽霊となり、島尾(葉月の体)の前に現れ
告げる。

「じゃあ私が好きになった葉月君はどこにいるの?」
六花はいつから葉月の中身が島尾出るか気になった
そして言った自身の思い

島尾の思いは強い分
怖いなぁと思いながら
葉月も何もできない感じを味わった回でしたが
最後の六花の言葉で話しはかなり進むのではと
それを聞いて島尾は体をどうするか
決めるのだから・・
にしても葉月は不憫(何度め・・・)


コメント


管理者のみに表示

トラックバック

夏雪ランデブー 10話 の感想を 肥大化した気持ちは、「六花」を欲し「葉月」を捕らえる 自分に意思とは関係なく落ちる、それでもむしゃらに暴れ続ける「葉月」 拮抗する2人の想
夏雪ランデブーの第10話を見ました。 第10話 泣きじゃくる六花に押し倒された篤は亮介の身体を奪う外道となる決意を固めると、絵本の中で亮介は王子だと認められていた。 「俺...
じゃ、私の好きになった葉月くんはどこにいるの?
俺ってもしかしてピエロ?篤に体を貸して、自身はポエム空間で親指姫店長相手に無為な時間を過ごしていた葉月。しかしこの空間でも葬式ムードが漂ってくる、但し篤じゃなくて葉月の...
『本格的に絵本の世界に閉じ込められた葉月は、気がつくと実体のない幽霊化した姿で現世に戻っていた。彼は、そこで葉月(中身=島尾)を「島尾くん」と呼び、楽しそうにふるまう六...
篤には同情する部分もあるけど、亮介を応援しますよ。 この状況はあまりにも気の毒すぎる。 本格的に絵本の世界に閉じ込められた葉月は、気がつくと実体のない 幽霊化した姿で現