雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ちはやふる2 第二首「こひすてふ」簡略感想

2013.01.22 (Tue)
始める理由は人それぞれ
多くの新入部員が辞めていくなか
残ったのは花野菫と筑波秋博の2人だけ。
しかも、菫はみだしなみと太一ばかりでかるたに集中していない。
かたや、「下の句かるた」しか知らないという筑波は
ルールの違いから違反を繰り返す始末。
個性的な後輩たちを相手に困るかるた部2年生だったが…。

個人的に印象に残った
「かるたって何がそんなに面白いんですか?」
「えぇ。そんなのやってみないと分からないよ
 でも、やってもやっても分からないよ。
 私なんか45年やってもよく分からない
 ずっとずっと分からない。分からないからやるんだよねぇ」
スポーツやるとだいたいこんな感じだなぁと感じた台詞

花野さんがとてもきらめいた回。
奏に対してうまくいったり、言われてしっかりと
かるたと向き合ったり、根はぜったいにいい子だ・・

千早が固執していた理由を言えばよかったのに
頭より行動だもの仕方ないか・・

西田がどことなく嫌みだけど言ってることは正しい
副部長だな・・彼

花野さんはある意味で駒野と同じで0からだけど
もう一人の筑波は「下の句かるた」経験者
こっちは癖がある分、大変そうだと感じた・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

毎回サブタイと本編が実にうまくシンクロしてますね。 「恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか」は壬生忠見が詠んだ歌ですが、今回の菫ちゃんの心情
 伝える、伝わるはルールの向こうにある。
太一目当てに入った新入部員もどんどん辞めていき。 残った1年生も問題児ばかり(^^; 2期から登場の新キャラはトラブルメーカーですが。 こういうキャラが入ると話のマンネリ
『多くの新入部員が辞めていくなか、残ったのは花野菫と筑波秋博の2人だけ。しかも、菫はみだしなみと太一ばかりでかるたに集中していない。かたや、「下の句かるた」しか知らない
新入部員の一年生二人は濃いですね。 今回も熱くて面白かったですよ。 時間が経つのがアッという間ですよ。 多くの新入部員が辞めていくなか、残ったのは花野菫と筑波秋博の2人だ...
ちはやふる2 第二首「こひすてふ」 太一を追いかけて白波かるた会に来てしまった菫ちゃん。 入会希望者かと思いテンションの上がる原田先生w でもその後、かるたの何が面白いの...
美しさの見解の相違。それは今も昔も移ろいやすく、人によって色も変わっていく。好きになる程の美しさを見つけ身につけ身に染みていく。それは一人の美と多くの美の違い。どの美 ...