雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

PSYCHO-PASS 第18話「水に書いた約束」 簡略感想

2013.02.27 (Wed)
ただ一人で
槙島が逃亡した。槙島の再逮捕を命じられた一係
だったが、狡噛だけはその捜査から外されてしまう。
槙島、公安局、そして一係の刑事たち
それぞれの思惑が音を立てきしみ始める中
狡噛の中にはある決意が宿って……。
公式

「すまない。俺は約束を守れなかった。
誰かを守る役目を果たしたい
そう思って俺は刑事になった。
だが槇島の存在がすべてを変えた。
あの男はこれからも人を殺め続けるだろう。
なのに法律ではやつをさばけない。
俺は刑事であるかぎりやつに手出しはできない。
今度の一件で思い知った。法律で人は守れない。
なら法の外に出るしかない」
咬噛の決意

咬噛が一人で行動をすることを決意
朱と次会った時は執行対象となる・・

征陸は咬噛と宜野座のアドバイザーみたいになってる。
OPの意味も分かってきて、いよいよという感じ

局長が前に出すぎな感じが有るけど
やっぱり、個別の意識があるから行動が
慎重にならないのかな
Aの意思→慎重にやる
Bの意思→全部やってしまおう
とかになってたりするのだろうか?

シビュラ(公安)から逃げる槇島と
そんな槇島を負う咬噛は
会うことができるのでしょうか

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

局長は一係に、逃亡した槙島の再逮捕を命じる。 だが狡噛だけはその捜査から外されてしまう…。 ついに狡噛が独自に動くという転換点となる回。 大事な回なので、監督からも作画
『槙島が逃亡した。槙島の再逮捕を命じられた一係だったが、狡噛だけはその捜査から外されてしまう。槙島、公安局、そして一係の刑事たち、それぞれの思惑が音を立てきしみ始める中...
大事な回だっただけに、作画が崩れていたのは残念。 塩谷監督が18話を全て直すと言う訳だ。 とはいえ、思っていたほどじゃなかったですけどね。 さすがにヤシガニほど酷くなること
『水に書いた約束』
「俺は刑事でいる限り、あの男に手が出せない。 法律で人は守れない。なら、法の外に出るしかない」 槙島を乗せていた輸送ヘリ…ではなく、航空機が墜落し、槙島は逃亡。 現場を