雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

物語シリーズ セカンドシーズン 第25話 簡略感想

2013.12.22 (Sun)
「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」
羽川との会話を経て
ついに実行の日に近づく
だが、懸念されるのはやはり暦のことだった
彼の行動次第でなんともなってしまう。
そしてまたよつぎに会う。
告げられたのは戦場ヶ原に関することだった
らしくないといわれる貝木。ろくなことは起きないと
だが、過去に戦場ヶ原のかかわった宗教団体を過去に潰した
どことなくムキになる貝木。
失敗をすると告げられる貝木
そして戦場ヶ原を思い出す。
もろい女性だと、そして壊れずに今まで来たことを

神社についた貝木は撫子に告げる
願い事は人に言ってしまうと叶わないと
撫子はいっぱい殺すと言ってしまったとあせり
貝木は告げる。殺したいと言っていた三人は
「交通事故で・・無くなったんだよ」

「貝木さんも私を騙すんだね」

羽川の撫子への感想が真をとらえていましたね
貝木はどこまでが本当の心かわからないけど
戦場ヶ原に対して思うところはあるようで

そして撫子を騙した理由はとてもシンプル
で、どうなるの・・これ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第恋話 ひたぎエンド其の伍 貝木が居ない間に、この町で何が起こったかを羽川から 詳しく聞いた。霊的に乱れたのでキスショットが引き寄せられたのが 正しい認識のような気がする。臥煙先輩が北白蛇神社の御神体を払って、新たに御神体を 祀ろうとした。その際に阿良々木が拒絶したので、撫子が神となった。羽川の撫子のイメージは相手にされていない。自身がではなく羽川が相手にされていない。撫子は閉じた世界で、誰...
「あなたらしくないよ、貝木。 らしくないことをすると、本当ろくな目に合わないぜ」 羽川との情報交換により、客観的に状況を捉えることができた貝木。 羽川の目には撫子は気弱でおとなしいこ子とは映らず、 世界を徹底的に閉じ、誰も見てない子どもと映っていたようだ。 「貝木さん、忍野さんの家族について教えてもらっていいですか」 そして忍野の家族、特に姪がいたかどうかを確認するが…
そろそろ動くか「物語シリーズセカンドシーズン」の第25話。 つばさとの情報交換により客観的な事態把握ができた貝木。 ただ貝木側はなでこの部屋のクローゼットについて口を閉じたまま。 しばらくは北白川神社へ通う日々。 臥煙とは関係なくといい貝木に接触する余接。 ひたぎ関連の貝木の動きを説明的に話しつつ警告めいた事を伝える。 そしていよいよ決行、貝木は撫子に伝える。 ...
貝木はいよいよ撫子を騙しを仕掛けるが…。 はたして蛇神の撫子を騙しきれるのか? 忍野メメを探しに海外へ行っているはずの羽川翼が、突然貝木を訪ねてきた。 翼と情報交換をした貝木は、蛇神・撫子を騙すための仕上げに取り掛かる。  
 わたしを助けたからといっていい気にならないでね。
言葉なんて信用ならないからだ口に出してしまった瞬間にそれは気持ちとはすれ違う言葉なんてのは全部ペテンだどんな真実であろうと語った瞬間に脚色がはいる・・・お百度参りを通 ...
アニメシリーズヒロイン本 其ノ參 忍野忍(2013/12/20)講談社BOX商品詳細を見る  子供社会とはいえ、解放された千石撫子は天真爛漫になっていました。玩具で遊んで、日本酒を飲んで、すっかりとヒッキー生活を楽しんでいます。神様ですので、二日酔いの苦しみなどは縁がないでしょう。ネットか本が無いと、私からすれば暇になりそうですが。内心においては、狂気が進行していそうですね。阿良々木暦への...
翼との情報交換により、街で数ヶ月間に起こった事を正確に知る貝木。 少なくとも、ひたぎから聞くよりは事態を客観的に把握し、伊豆湖が何を利用としているかも理解。 貝木の印象 ...
気弱とか、大人しいとか、人見知りとか…という印象は受けない。羽川からもたらされた千石撫子の印象はこれまでの撫子感を覆すもの。でも阿良々木が好きというのもポーズって話は前々からありましたね。羽川曰く千石撫子は誰も好きじゃない。何というか感情が空っぽで、理屈で「こうするもの」として動いている感じなんでしょうか。この回答に貝木も納得していることから、どうも真実みたいですね。&nbsp...