雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

キルラキル 第24話「果てしなき闇の彼方に」簡略感想

2014.03.30 (Sun)
支配の先へ
羅暁が着た神羅纐纈により生命繊維は絶対服従され
極制服、神衣が無力化されてしまう
天種繭星化を進ませる羅暁に
手も足のDTRも出ない中、鮮血の声が皐月に聞こえるようになっていた
人でも服でもない流子は動け、少しの抵抗はできたが何もできず
苦戦し皐月たちは復活した原初生命繊維に取り込まれそうになった
とき、人でも服でもない鮮血は隙をつき羅暁を貫き
皐月たちの極制服は復活した。四天王が発信器を
ラギョウは皐月と流子が倒し、終わったかに見えたが
縫がその身を原初生命繊維に捧げ(着て)
さらには縫の意思で羅暁が原初生命繊維を着ることに
その力で宇宙に上がり衛星を起動させ
服を本来の繊維の姿に戻し
星を覆い尽くす中
流子は皐月たちの服を自身に取り込み
力にし羅暁のもとへ
苦戦する流子だったが己の力
鮮血の吸収能力が羅暁の服従の力を奪い
衛星の信号を自身に移し、繊維化を食い止めた
流子は羅暁に話しかけるが彼女は自身の手で
死んでいった。
鮮血は大気圏で流子を助けるため
焼き切れてしまった。卒業という言葉を残して
落ちてくる流子を皐月たちが受け止める

服は服、人は人の世界になった
流子は普通の女の子になり、マコや皐月と
デートをするのでした。

なんか、すごい密度だった・・
蟇郡がここまでいいところ持っていくとは
四天王はみんなに見せ場があっていいですね
羅暁と流子の戦いは熱かったですね。
最後まで勢いそのままで
言葉遊びも入れ込んで楽しかったです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

最終回 第24話 果てしなき闇の彼方に 公式サイトから『神羅纐纈』、その力は、神衣、極制服に含まれる全ての生命戦維の力を絶対服従させるものだった。最終局面にして流子たちは一切の戦力を失ってしまう。唯 一、生命戦維と人間の融合体である流子だけは絶対服従の力が効かなかった。鮮血を脱ぎ流子ひとりで羅暁と戦うも力の差は圧倒的。ついに人類は生命戦維へと化されようとする。しかし、脱がれた鮮血自らが羅暁を...
最後まで熱い作品でしたね。 スッキリとしたいい終わり方でしたよ。 『神羅纐纈』、その力は、神衣、極制服に含まれる全ての生命戦維の力を 絶対服従させるものだった。 最終局面にして流子たちは一切の戦力を失ってしまう。 唯一、生命戦維と人間の融合体である流子だけは絶対服従の力が効かなかった。 鮮血を脱ぎ流子ひとりで羅暁と戦うも力の差は圧倒的。 ついに人類は生命戦維へと化されようと...
キルラキル 2 (角川コミックス・エース 393-4)(2014/03/07)あきづき りょう商品詳細を見る  昭和風味の不条理な学園闘争ものかと思えば、地球の命運を賭けたバトルとなりました。視聴開始をした頃には、ここまで発展するとは想像外でしたよ。ひたすらに馬鹿熱い展開が続きました。後半戦からは、鬼龍院皐月や四天王への好感度が上昇していきますね。皐月は帝王というイメージが強いですが、目的...
『果てしなき闇の彼方に』
生徒会四天王の一人、猿投山渦は一つ星極制服を着た学生達と共に超極制服百騎馬戦陣で
「人は人、服は服だ!!」 原初生命戦維を討ち果たし、本能字学園へたどり着いた流子たち。 彼女たちを待っていたのは神羅纐纈をまとった羅暁と、 その羅暁に腕を繕ってもらった針目縫だった。 四天王の極制服もできて、これなら対等にやり合えるのかと思っていたが、 羅暁の放った「絶対服従」はみんなの服から星を奪っていった。
地球を原初生命戦維化しようとする羅暁の野望を阻止するため、設置された通信装置を破壊しようと本能字学園へと乗り込んだ流子達。 しかし、通信装置を守る堅牢なバリアは四天王の力でも突破が難しく、破壊は難航を余儀なくされる。 一方、流子と皐月の前に立ちはだかる『神羅纐纈』を着た羅暁はその圧倒的な力で二人を圧倒。 縛斬をへし折り、さらには『絶対服従』の力によってすべての極制服は動きを...