雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

蟲師 続章 第1話 「野末の宴」 簡略感想

2014.04.05 (Sat)
人と蟲
地中深く流れる光──生命の素たる"光酒"。
それが世の生命達に与える影響を知らずに
扱った男がいた。他意なき故の危うさが何か
を引き起こす前に、蟲師が追う。
公式より

原作が好きだったのに
前回のアニメを見てなかった
(やっていたのに気づいてなかった・・)
日蝕む翳で雰囲気はわかっていましたが
ここまでゆったりと進んでいくアニメはいいですね

話は続章といいながらも
蟲に関してどんなものかを話した回となりました
どんなものであろうと
いいものには誰もが惹かれ
そして酔ってしまうものなのだと感じました。
それでも
蟲を魅了するほどの酒を造っても
彼にとっては父の酒が目指すものなのですね

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第一話 野末の宴 公式サイトから地中深く流れる光──生命の素たる光酒。それが世の生命達に与える影響を知らずに扱った男がいた。他意なき故の危うさが何かを引き起こす前に、蟲師が追う。 隣町からの帰り道、道に迷った父が山で光を発見した。それは宴だった、密かに参加して光る酒を飲ませてもらった。それは美味だったと息子の禄助は聞いた。 倒れて伏せっている父親に酒を持って帰る禄助。今年の酒の出来は良い。子...
呑んだくれ野球選手の事ではありません。その昔製造・販売を禁止された酒がありました。酒全般を禁止したアメリカの禁酒法ではありません。ある銘柄の酒に「強い幻覚作用がある」と禁じられたのです。それがアブサン。 ニガヨモギを原料とする70-90度近いアルコール度数を持つ酒です。その色から「緑の魔酒」とも言われたそうで。今では向精神作用の原因となるツヨンを抑えたものが解禁されていますが、昔ながらの作り...