雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

蟲師 続章 第2話 「囀る貝」 簡略感想

2014.04.13 (Sun)
共に生き物が生きていく
貝殻に耳をあて、聞こえてきたのは──鳥の声。
幾年も前の悲劇が癒えぬままの漁村で
妖しき"蟲"が凶兆を示す。異形のモノが告げる異変
ヒトにとってそれは──。

公式より

貝の蟲は己たちのために
ならば人間は人同士でしか助けあうのが
ベストなんですよね。
言葉を忘れてしまっても
その言葉を発するのも人間だけ。
最後には村にいる人間たちが
協力していくのが見れてよかった。
大きな自然の前だとどうも小さい存在と
感じてしまう回ではありましたが
どうしようとも
他者とかかわっていくことが大切であること
が伝わってくるようでした。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第2話「囀る貝」 海で貝を拾う少女。 浜辺の村とは離れた崖の上に住むミナに声を掛けたシマ。 二人は仲良くなるが、ミナの父・砂吉はそれを許さず・・・ 海でさえずる貝を見つけたギンコ。 これは凶事の知らせ。出会った砂吉に災いのことを知らせるが、自分の身は自分で守ると村とは一線を画す。
「凶兆と言っても まだ何が起こるか分からんのだが  確実に近いうちに何らかの厄災がある」 仲間の為、生きるための声―― 異変を告げるサエズリカイの声を聞いたミナ    【第2話 あらすじ】 貝殻に耳をあて、聞こえてきたのは──鳥の声。 幾年も前の悲劇が癒えぬままの漁村で、妖しき"蟲"が凶兆を示す。 異形のモノが告げる異変、ヒトにとってそれは──。 雨の中浜辺で鳥の囀...
第2話 囀る貝 公式サイトから貝殻に耳をあて、聞こえてきたのは──鳥の声。幾年も前の悲劇が癒えぬままの漁村で、妖しき蟲が凶兆を示す。異形のモノが告げる異変、ヒトにとってそれは──。 鳥の声が足元から聞こえる。貝の中に虫が避難していたのだった。凶兆の知らせだと村に知らせるギンコ。 崖の上に暮す少女ミナ、網元の娘シマと仲良くなる。海産物を米と換えて来い、村の連中とは口を利くな。帰りに貝を耳に当て...
頑なになった男と罪悪感でいっぱいの男。とある漁師の集落で海女漁を営んでいた砂吉と網元。砂吉の不在の漁でフカ=鮫が出て女房が食い殺された。網元は自分の女房を助けることを優先し、結果として佐吉の女房を見捨てた。 表立って非難はしなかったものの佐吉はミナを連れて集落から離れた崖に移り住み、交流を断ったと。最初ミナが色黒だったので余所者かと思いましたが元は同じ村の住人。しかも逆村八分という状態でした...