雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ピンポン 第5話 「どこで間違えた」 簡略感想 

2014.05.11 (Sun)
戦いの果て
インターハイで優勝したドラゴンはさらにユースオリンピックの
シングルでも優勝し、凱旋帰国した。帰国後の記者会見でドラゴンは
はっきりと海王には月本選手レベルのプレーヤーが必要と語る。
ドラゴンの発言は海王学園のチーム内に微妙なさざ波を巻き起こす。
そのころ、チャイナやペコもそれぞれの時間を過ごしていた。
穏やかな時間の中で二人の心の中に去来するものは何か。

公式より

現代風になり
ドラゴンが世界一になり
チャイナの背景が描かれ
コイケヤから赤城乳業へ変わっても
らしさは消えないのがすごい

風間の言葉で佐久間はスマイルに
挑み負け、心のうちを独白しながら
スマイルはある意味で正直に答える様は
残酷
一方でペコは卓球から離れていってしまい
逃避
してしまう。

佐久間の言葉はあまりにも重いですね
そしてチャイナの母親の描写は
とても切なさを描き、チャイナのうちにあった
思いを少しでも見せることができたと思う絵でした

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第5話 どこで間違えた? 公式サイトからインターハイで優勝したドラゴンはさらにユースオリンピックのシングルでも優勝し、凱旋帰国した。帰国後の記者会見でドラゴンは、はっきりと海王には月本選手レベルのプレーヤーが必要と語る。ドラゴンの発言は海王学園のチーム内に微妙なさざ波を巻き起こす。そのころ、チャイナやペコもそれぞれの時間を過ごしていた。穏やかな時間の中で二人の心の中に去来するものは何か。 ウ...
アクマは第二の主人公みたいでカッコいいときがありますね。 チャイナと戦った時のスマイルになら勝っていたかもしれないけど、そういう勝利じゃ意味はなかったのでしょう。 風間のことを正面から捉えておけば、良かったですね。