雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

蟲師 続章 第六話 「花惑い」 簡略感想

2014.05.11 (Sun)
美しきものの裏
枝先に溢れる無数の彩りは
ヒトを魅了する春の美景。
それを欲して止まぬ者は
いつしか禁忌に歩み寄る。
儚き花──咲き誇るは誰が為に。
公式より


蟲というより
自然に魅了されすぎた人たちの
末路といった感じでした。
あの桜のために、というより彼女のために
という思いが行き過ぎて
ある種、異常な行動が
日常、恒例となってしまった感じですかね

彼女はある意味で人の形をした
花ですよね。
美しくし続けたいと願い
惚れていった男たちは首を入れ替え続けたと。

最後の桜は蟲が生き続けたか
桜自身が生き返ったのか
最後の旅人にはそんなことはわからない
ただ美しい桜だけが映っているんですよね

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第6話「花惑い(はなまどい)」 花に魅せられ、花に狂った男達の物語。 桜の銘木があり、ひと目拝んで行こうと思い立ったギンコ。 前を歩く娘に道を尋ねる。娘は病の母のために薬を分けてくれるという家に行くために山向こうからやって来た。 しかし件の桜は花をつけておらず空振り。 目的の家へ向かう娘が振り返ってギンコに手を振る姿が可愛いなぁ。 この仕草だけで娘のパーソ...
第六話 花惑い 公式サイトから枝先に溢れる無数の彩りは、ヒトを魅了する春の美景。それを欲して止まぬ者は、いつしか禁忌に歩み寄る。儚き花──咲き誇るは誰が為に。 物言わず風雪に耐え咲きこぼれるものたちよ。物心ついた時から庭の離れで暮す女性。 桜の銘木がこの辺りにあるはずだとギンコ。少女に出会って道を尋ねる。彼女は山向うから母親のために痛み止めを求めに来た。桜の銘木の側に薬を販売しているらしい。...
「物心ついた頃 彼女は既に庭の離れに住んでいた そして今も 変わらぬ美しさでそこにいる」 花に魅了された一族 木霊が宿った木は長く生き美しい花を咲かせる   【第6話 あらすじ】 枝先に溢れる無数の彩りは、ヒトを魅了する春の美景。 それを欲して止まぬ者は、いつしか禁忌に歩み寄る。儚き花──咲き誇るは誰が為に。 旅の道すがら桜の銘木があると聞き立ち寄る事にしたギンコさ...
「花惑い」 桜の名木があると聞き、そこを訪れることにしたギンコ。途中、「どんな病をも直す薬」を作る男の元へ向かう娘に道を教わるのだが、桜は咲いていない。そして、その桜のそばに倒れる美女を発見する。その美女は、薬を作る男、本職は庭師の男の親族というのだが…… 娘・サホは目と耳が不自由。それは、その桜につく蟲を口にした結果。 蟲は、植物の花を美しくさせるが、それを人間が口にすると五...
「美しい女だと思った」 第6話 「花惑い」 枝先に溢れる無数の彩りは、ヒトを魅了する春の美景。 それを欲して止まぬ者は、いつしか禁忌に歩み寄る。 儚き花──咲き誇るは誰が為に。 (公式サイトのあらすじより) ・ 佐保さんは何も悪くないんや! 悪いんは万作一族なんや。。。 接ぎ木するように、首を挿げ替える。。。 300年もですよ。 ...
儚く綺麗、そして怖さもある桜の木。死体が埋まっているとかよく言われますね。旅の途中で桜の銘木を見に来たギンコですが…ハズレ。老木故か花はなく、代わりにそこにたたずむ娘・佐保と出会う。この世のものとは思えぬ綺麗さ。そして何を言っても反応がない。どうやら眼と耳が悪いそうで。 難儀していると親族と名乗る男がやってきた。案内を頼んだ村娘の話から医者かと聞くとこれが違う。うちは代々続く樹...