雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ピンポン 第11話 「血は鉄の味がする」簡略感想

2014.06.22 (Sun)
最高の舞台へ
ペコは痛めた膝を酷使しながら、ドラゴンに勝つ。
番狂わせの衝撃は予選会場を駆け巡る。決勝戦は
片瀬高校のペコとスマイルで戦われることになった。
開始を待ちながら小泉はスマイルとの会話を思い出す。
膝を痛めた相手の選手生命を断つような危険なコースを打てるか
と小泉が尋ねた時、スマイルは、打てますよと即答した。
それはかつての小泉が手にすることができなかった強さだった。
「君はやはり私の知る限りもっともすばらしい選手だな」。
そして試合が始まった。
公式

月本対星野
もう言うことなく、作画といい
セリフと言いうまく原作をいかしながら
月本の思いが伝わりやすくなったと思います。
オリジナルの小泉達三人の部分を見ると
風間伯父が悪い人間には見えないのがまた・・
風間も気負いすぎだったのかと思ってしまう。
マットも怪我しないようにだったのかな・・

数年後も彼らも原作より描かれ
とくに孔が帰化したことが意外でした
前の「長く住むなら」というセリフをこのように
いかしたということでしょうか
代表にもなり、名字は「辻堂」
彼なりに卓球をあきらめずにいった結果でしょうか
風間は一番まるく、人間味が増したような
感じです。
原作と同じく代表を外れてましたが
けがが理由になっていたので
高校のオーバーワークが
ここできてしまったのかもですね。
月本は小泉先生のように
それでも会話を楽しむようになってます
佐久間は結婚し子作りも順調のようです
星野も日本代表となり大会で輝いてます。

原作は古く、さらに映画は好評だった中で
アニメ化したわけですが
絵が独特と言った以外
原作をうまく生かしアニメ・ピンポンを
造り上げたと思います。
オリジナルの孔の掘り下げ
百合枝も最後の彼女がいなくて
悔しがる風間に対してどれだけ
高校時代の風間が周りを見れずに卓球を
していたかを表していたと思います。
もったいないことしたなぁって感じで

そしてとても面白かったです

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

最終回 第11話 血は鉄の味がする 公式サイトからペコは痛めた膝を酷使しながら、ドラゴンに勝つ。番狂わせの衝撃は予選会場を駆け巡る。決勝戦は片瀬高校のペコとスマイルで戦われることになった。開始を 待ちながら小泉はスマイルとの会話を思い出す。膝を痛めた相手の選手生命を断つような危険なコースを打てるか、と小泉が尋ねた時、スマイルは、打てますよ と即答した。それはかつての小泉が手にすることができな...