雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

蟲師 続章「冬の底」 簡略感想

2014.06.22 (Sun)
いつかくる自然の流れ
公式
春の訪れを拒む山があった。降り止まぬ雪
冬眠から目覚めぬ生命達。
それは山のヌシ自らの意思──死を待つが如く。

すべてはヌシの掌の上・・
人がいなくとも
自然は自然でなんとかしているという感じを受けました
それでいて、自然の中でとても巧みに人を使っていく。
とても気まぐれな自然のあり様は今と同じですね。
ギンコの指摘も間違っていないけど
ヌシにはヌシのリズムがあったということでしょうか
・・・ヌシが単に光酒がほしかっただけだったかも・・

これが実質最終回。予定されていたのが前後編
なのでしかたないですが、いつか春が来るように
待ちましょうか

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

「全部ヌシ殿の掌の上か、まぁ 良いか 世は春だ」 ヌシにより閉ざされた山へと入り込んだギンコさん 春の蟲が目覚める前に光脈筋を抜けようとするも…   【第10話 あらすじ】 春の訪れを拒む山があった。降り止まぬ雪、冬眠から目覚めぬ生命達。 それは山のヌシ自らの意思──死を待つが如く。 今回はギンコさん以外の人物が登場しない回でしたね いつもとはまたちょっと違った雰囲気...
第10話「冬の底」 春の訪れを拒む山。 蟲を寄せ付ける体質のギンコにとって、蟲が一斉に目覚める啓蟄を光脈筋の上で迎えるのは厄介。 光脈筋を抜けようとしたが抜けられず、しばし籠もってやり過ごそうとしたギンコだが、外は冬に戻っていた。
第十話 冬の底 公式サイトから春の訪れを拒む山があった。降り止まぬ雪、冬眠から目覚めぬ生命達。それは山のヌシ自らの意思──死を待つが如く。 もう、そろそろか?参ったな、啓蟄までに山を出たかったのに。蟲が腹を空かせている、急ぐこともないから籠るか。草木で簡易な小屋を作って眠るギンコ。目が覚めれば冬だ。 妙に静かだ、目覚めて外を見る。外は冬で雪が降っていた。読みを外したか?どうなっている。降ろし...
そう思ったら分割2クール、全24話と聞いて一安心。このアニメ、後半は内容よりも「放送されるか否か」という意味で心配してました。特番の蟲語を二回も放送する状況から、素人でも製作の遅れが見て取れた。それでも全12話で放送しきれない分は7月にずれ込むんだろうなと思ってた。まさかの今回でおしまい。10月からは残りの14話を放送してくれる…筈です。 キャスト二人、風景多め。仕事は遅いが出...
ギンコ(CV:中野裕斗)は、一人山の中に入っていました。 もうすぐ春が来て啓蟄になると、お腹を空かせた蟲たちが顔を出すようです。 ギンコは山の中に簡易のテントを作って、その中で蟲避けを焚いていました。 目を覚ましたギンコは、外の世界が一面の銀世界になっていることに気付きます。 周辺を歩くと、台風にでも遭ったのか、木々が倒れていました。 ギンコはこの山の寿命がそん...