雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ベイビーステップ 第13話「芸術と技術」 簡略感想

2014.06.29 (Sun)
相手の眼中に自分はいない・・
公式

栄一郎(えいいちろう)が次に戦う相手は、ひとつ年上の
岩佐博水(いわさひろみ)という物静かな男。パワーではなく
頭脳でプレーするタイプで、あらゆるショットを器用にこなし
難しいショットも巧みに操る強敵。しかし、他人に興味がなく
次の相手が誰なのか知ろうともせず、何を考えているかさえ
分からない。「コートにいい絵が描けたときが一番うれしい」
という彼の言葉の意味とは…?

勝つこと
栄一郎のみならず他の選手も抱く思いが
あまり感じない岩佐に悩み、苦戦する
栄一郎でしたが
頼れるのは己のみ
岩佐の事情を描きつつ
栄一郎がメンタルでどう乗り越えるかという
とこでしょうか

改めて見ると、この試合全体は
栄一郎がどんなスタイルでどこまで
できるようになったかと
ライバルをうまく紹介していった部分なのだと感じました

コメント


管理者のみに表示

トラックバック