雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

蟲師 続章 「棘のみち」簡略感想

2014.08.24 (Sun)
蟲の奥底
決められた道を行くクマド
道はあれどそれを認めていく淡幽
ある意味で一番不気味なものを持っているギンコ

三者三様であれど自分とはなんだという疑問は
どのマンガにもありますが
クマドの場合、入れられた時からもう
そうなっていたのですから
クアドがどういった考えを持つかは
わからないですよね。
でも彼にとっては、蟲を見つけるしかない。
どこかあきらめにも来た態度はそれしかないからかもしれないですね

だからこそ淡幽は気にかけたですし。

この話はある意味
私は難しい話し様な気がする。

動きは本当に自然な動きが多く風景は
きれい。最後の三人のシーンなんかほっとします

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

特別編 棘の道 幼い薬袋クマドは老人に連れられて 庵へ向かう。ここで虫が見えるまで籠って出られない。薬袋の一族は狩房の一族の体内に宿した禁種の蟲を 打ち倒すことを役目としてきた。しかしクマドの祖父も、父も禁種の蟲が見えなかった。一人で暮すうちに幻を見るクマド、いずれ魂が抜ける。其の後に代わりの物を入れてあげるよ。ある日、遂に魂が抜けた状態のクマド。老人が人工の蟲を燭台を利用して体内に送り込む...
蟲師 続章の特別編です。一時間スペシャル=蟲語り×2回分。製作遅れで放送できなかった2話なんでしょうね。 そしてようやく狩房淡幽が登場。特番で出番がない事を散々ネタにされていましたね。蟲語りやらなきゃ出ていたという矛盾。 そしてお話自体も「探幽の体に封印された蟲」に関わりがある様です。 主を恨め、闇を呪え、虫を憎め。狩房淡幽に仕える薬袋たま。彼女の家は一族で蟲師を営む唯...