雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ペルソナ4 ザ・ゴールデン 第7話「It’s cliché, so what?」 簡略感想

2014.08.24 (Sun)
足立の闇
足立の心模様が光っていました
こうみると足立が悪人ではあるものの
見方ひとつで人とはこうも変わってしまうのだと思いました
足立にも花村みたいな人がいたらもしかしたら変わったのかもしれません
たぶん番長にとって大きいのは花村でしょうから。
力も持っても人のためなんて考えもしなかったのでしょう

だからこそ、番長のまっすぐさは甘くも
足立にはずっと必要だったのだと感じました
奈々子に手を出さなかった分
堂島さん関係は大事にしてたと・・・
そしてやはりマガツはかっこいい

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

こんだけシリアスだと出ポエムはむしろ邪魔な気もする。 足立さんが主人公みたいな話でしたね。 球磨川さんと気が合いそうな人でした。 以下ネタバレあり。 ペルソナマガジン #2014 SEPTEMBER~(2014/08/28)不明商品詳細を見る
アメノサギリ弱すぎ(笑) 足立との対決がメインだったとはいえ、ここまでアッサリやられちゃいますか。 記憶を取り戻したマリーはどうなってしまったんでしょうね。  ペルソナ4 ザ・ゴールデン 公式サイト ペルソナ4 (6) (電撃コミックス)(2013/06/08)曽我部 修司商品詳細を見る
第7話 It's cliche', so what ? 堕天使の歌 生田目は赤城以降の事件を告白した。しかし山野アナと小西先輩の事件には関与していなかった。奈々子も無事に救出された。 足立を疑う悠、一人でTVの中に入る。足立に話すことは無い、マガツイザナギは悠のイザナギにそっくり。僕が止めてみせる。足立の過去を見る、悠が引っ越してきて居場所を奪われた。 マリーと出会って尋ねる。自己満足だった...
第7話「It’s cliché, so what?」 同じように町に来たのに、受け入れられ人が集まってくる悠。 足立には自分とは真逆な光、表側の人間に見えた。
堕天使に好意的なマリー。自己投影しているのかな。 卑怯を討ち、虚構を引き裂く。堕天使がそんな事するって聞いたことありませんが。 マリー鳴神を励ます。誰とでも関わり、おせっかいを焼く鳴神。堂島や菜々子が負傷し足立から投げつけられた言葉に動揺。自分のやって来た事は自己満足のありがた迷惑だったのか。これをきっぱりと否定するマリー。 主人公に助けられてばかりじゃない、奮起を促してこそのヒロイン。記憶...