雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Fate/stay night [UBW]  第4話 #「03 初戦」 簡略感想

2014.10.26 (Sun)
金髪の青年 一体何者なんだ・・
バーサーカー戦と凛とイリヤの戦い
そして最後の笑みで終わった話でした
バーサーカーがZeroに引き続きやたらと
器用に動きますね
豪快に力だけのように見える外見から
あの細かい動き、でたらめな再生能力
あれ普通のゲームならチートですよね・・

イリヤって単体でも強いんだなぁと
バーサーカーがある意味で騎士のように
イリヤを守る感じがあったので
イリヤ単体でも凛と張り合うどころか
圧倒しそうな力に驚きました。

最後のアーチャーの笑みは黒くて
とてもいいですね。

それにしても動きがこれがふつうとは
思いたくないほど素晴らしくて
毎回声がでます

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

「じゃぁ、殺すね。やっちゃえ、バーサーカー」 綺礼のもとをあとにした士郎たちに声をかけてきたのはイリヤ。 アインツベルンの名を名乗り、マスターとして勝負を仕掛けてくるが、 彼女のバーサーカーは、 一体だけで他のすべてのサーヴァントを相手にできると思うほどの強敵だった。
イリヤを見てセイバーは何を思うのか。幼少の時会っているんだっけ、それともアイリ似の容姿やアインツベルンの名前に反応したか。教会に行って明日からは敵同士!本来ならその流れだった士郎と凛ですがイリヤとバーサーカーの襲撃。あれ一体で6人相手にできるぞ。アーチャーが嬉しくもない事を言ってくれる。 やっちゃえ、バーサーカー。楽しそうに言うイリヤですが、言われた方は全然楽しくありません。 しかしこの手の...
やはり戦闘がある方が盛り上がりますね。 セイバー強かった。けどイリヤにスルーされちゃいましたね。 見どころはアーチャーだったかも。 弓矢使ってるし! 以下ネタバレあり。 believe(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)(2014/11/19)Kalafina商品詳細を見る
聖杯戦争初戦開幕 ※この作品の感想は今後のネタバレを含みます。大丈夫な方のみ読み進めて下さい。
合従連衡―
ideal white(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)『ここがキサマの死地だ、バーサーカー!』 原作:奈須きのこ / TYPE-MOON 監督:三浦貴博 キャラクター原案:武内崇 シリーズ構成・アニメーション制作:ufotable 衛宮士郎:杉山紀彰  遠坂凛:植田佳奈  セイバー:川澄綾子 アーチャー:諏訪部順一  間桐桜:下屋則子  イリヤ:門脇舞以 葛木宗一郎:て...
第3話 初戦 こんばんは、お兄ちゃん。会うのは2度目だね。アインツベルンと言えば分かるでしょう、凛。 アーチャーの攻撃を全て弾いて防ぐ。士郎を狙うバーサーカーをセイバーが守る。こいつなら他の6対と匹敵するくらいの霊力を持つと言わしめる バーサーカー、狂戦士だった。セイバーの見えない剣、インビィジブルエアーが 見えるような反応のバーサーカー。素早い反応でセイバーとも互角以上の戦いを見せる。凛と...
セイバーとバーサーカーの剣戟が凄まじさ、アーチャーの遠距離攻撃の距離感、とエフェ
イリヤキタ――(゚∀゚)――!! で終わった前回。 今回もイリヤキタ――(゚∀゚)――!!で始まる。 「こんばんわ、お兄ちゃん。こうして会うのは2度目だね」 2度目って、一瞬すれ違って無気味に消えていったのが1度目かい? 士郎も、お兄ちゃんとか言われてどう思っているんだろうね。
言峰教会で冬木の地で幾度も行なわれてきた聖杯戦争の説明を受けた士郎。 10年前の聖杯戦争により引き起こされた大火災と同じ惨劇を防ごうと、聖杯戦争への参加を決意する。 その帰り道、士郎たちの前に『バーサーカー』のサーヴァントを伴い『イリヤスフィール・フォン・アインツベルン』が姿をあらわす。 礼儀正しく自己紹介をするイリヤだが、話し合いの余地は無く、問答無用でバーサ...