雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

蟲師 続章 第12話 「香る闇」 簡略感想

2014.10.27 (Mon)
幸せは巡り廻る
原作でもこのラストはせつないモノでした。
最後には二人で蟲に身をゆだねてしまったような
感じでした。

いつか来る終わり
それは蟲の繰り返しの世界でもおなじことかもしれません。
いつかギンコが同じように
気付かせるかもしれません。
それでも
夫にとっては繰り返す妻との幸せを
感じていることをほうが大切だった思いが
伝わる話でした
ただ最後のセリフが妻なのは
単に妻もはいったから妻にしたのか
夫はすでに蟲と同化してしまったかは
わからないですね。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第12話 香る闇 公式サイトから遠い記憶に残るのは、幾年も先に訪れるはずの春。 かの匂いを知る者は、未だそれを知らぬ己のみ。 この世が現でないならば、重ねた歳月は誰の為──。大雨で軒を借りるギンコ。中へと誘われて泊めてもらう。 娘との3人暮らし、嫁いだ娘。夜に花の匂いがする。何か大事な事を忘れているような。洞穴を発見する、匂いはこの奥からする。方角的に里への近道だと思う。何か昔の事を忘れてい...
「夜 ふと花の匂いを嗅ぐと何か思い出しそうになる  でも いつも思い出せない、懐かしいような 恐ろしいような何か」 花の匂いに誘われ入った洞 もう一度入ろうと思うなとギンコさんに言われたカオルだけど…    【第12話 あらすじ】 遠い記憶に残るのは、幾年も先に訪れるはずの春。 かの匂いを知る者は、未だそれを知らぬ己のみ。 この世が現でないならば、重ねた歳月は誰の為──。...
こっちは8回も同じ話やらないけどね!雨に降られたギンコが一晩宿を借りた相手・カオル。豊かじゃないが、平凡で幸せそうな家族。特に蟲がらみのトラブルがある訳でなし…と思ってました。 娘も成長し嫁に行き、年老いた夫婦水入らず…と思ったら少年時代に戻ってしまった。そうです、カオルはこれまで同じ人生を何度も歩む無限ループに囚われていたと。 一つのウソから…。実...