雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

PSYCHO-PASS 2  第4話「ヨブの救済」 簡略感想

2014.10.31 (Fri)
あーーーー
青柳さんが死んでしまった。
一期からの数少ないキャラが・・・
以上・・

というわけにはいきませんね。

青柳さんの最後の場面
槙島がいたら嬉しそうに見てたでしょうね

本当に監視官はブラックすぎる・・

鹿矛囲の実験のために死んだという結果のせいか
一期の彼らとは本当に無残だったと思います
でも、最後の最後まで許さない姿勢を貫いた結果だったのかもしれません

青柳が死んで、三課が今後台頭をしめすのかな
そしてドミネーターは改良される。
なんか今後設置型ドミネーターとかでてこないよなぁ・・

鹿矛囲が実験をしていくように
シビュラを知っていくようになっていますが
彼ってどこから透明だったのだろう
ストレスケアのしすぎで逆に耐性が低くなる
ユーストレス欠乏症(ネットからだよ。ごめんなさい)
だったのだろうか。
となると、施設ではまたなんかやったということか・・
・・・透明なの自覚したら潜入とかしそうなんですよね・・

まぁこれからかな

シビュラはそろそろ本腰上げてください
OPの姿はかっこいいんですから・・

監視カメラとかどうなっているか
わかりませんが
一期ではヘルメットの事件が中継されていたこともあり
隠しきれないですから

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第4話 ヨブの救済 渋谷のメンタルケア施設に立て籠もる男。全員を裸にして人質にする。私は救世主になりたいのだ、鹿矛囲のように。 鹿矛威はドローンの記録を改竄できると考える。朱は鹿矛威が存在するとして捜査を開始する。それでは色相が濁るぞと心配する宜野座。 鹿矛囲の名を叫ぶ増田を護送する霜月。尋問は朱が担当して、霜月は2係の応援に向かう。増田は尋問中、鹿矛威を知らないと黙秘権を行使。何かがおかし...
第4話「ヨブの救済」 霜月ちゃん見てるとこっちの色相が濁りそうです・・・ 患者を人質にメンタルケア施設に立てこもった老人。 人質の服を脱がせ、それが生まれたままの姿だ!とご満悦。 おばちゃんのサービスカットは誰得なのかと小一時間。
『ヨブの救済』
「見えているか、僕たちの流す血の色が。 僕たちが何色か、答えてみろ」 シビュラ、お前は何色だ? 爆弾解体ドローンの移動と部品の紛失から、 ドローンの中に人が一人入っていたのではと推測する朱。 霜月が捕まえた代議士が鹿矛囲の名を出したため、 そこから鹿矛囲をたどりたいところだが…
こいつの存在バレバレだよね。服を着ているのがありえない。 脱がさない=敬意を払っている存在。つまり、カムイである。 うーん、なんかどんどん期待以下の内容になっているような……いないような(;・∀・) 安っぽい演出とは言わないけれど、どれも一期でやっている。 今回の話で思ったのは、シビュラシステムではなく、シビュラシステムの中で暮らす人間は反省すべき。 槇島の事件が何も意味が...
メンタルケア施設で鹿矛囲信者の初老のオッサンにマウントされ ボコられた青柳監視官は気絶中。女の人をボコるとかエグイ。 オッサンの名前、クレジットで美馬となっていたので以下は美馬で。 美馬はメンタルケア施設を内部から閉鎖し中の人々と青柳監視官を閉じ込める。 美馬の連れているロボ犬から酸素とかも吸えるのね介助ロボ犬って感じ? 美馬は室内の監視カメラを破壊。 「私は偽りの癒しから君達を解放する...
 人間の心理状態が数値化され、それをもとに裁かれる世界。治安維持にあたる刑事たちの物語「PSYCHO-PASS」のセカンドシーズン、第4話「ここの薬は君たちの色相のにごりをおさえてく...