雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

蟲師 続章 第13話「残り紅」 簡略感想

2014.11.02 (Sun)
帰りたい者、それはただ純粋な
思い出してしまうと
とてもやるせない気持ちになりますね。

他人を犠牲にして自分は幸せになってしまったことへの
罪悪感をみかげは持ち
同時にほっといてしまったをのに
幸せを感じた陽吉まで持ってしまっていたと

最後は陽吉が入れ替わった形になったのですが
この仕組みは結局が誰かがアカネのように
ある意味で我慢しないといけないんでしょうね
アカネがいずれみかげのように思い出してしまった時
彼女はどう思ってしまうのだろうと思うと
また切ない話が続きたなぁと思います

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第十三話 残り紅 公式サイトから昼でも夜でもない、不確かな刻──夕暮れ。 地に長く延びたふたつの人影が重なる時、永く眠っていた闇が目を醒ます。 夕方、子供達を迎える母親。一人残ったアカネの側に影だけが存在した。陽吉は帰りに声を掛けたが父親を待つと話したアカネ。 里ではアカネが帰らないと総出で探す。そこで別の少女、みかげを発見する。アカネの父がみかげを引きとって育てた。 夕闇の山中で老女を発見...
「儂の影を踏んでくれ、頼む アカネ戻って来てくれ」 夕方に現れる本体の無い影―― 入れ替わった二人の女性    【第13話 あらすじ】 昼でも夜でもない、不確かな刻──夕暮れ。 地に長く延びたふたつの人影が重なる時、永く眠っていた闇が目を醒ます。 夕暮れ時、母親が迎えに来て帰る友達を見送る女の子 このアカネの前に現れた影だけの存在がみかげって事ですか… 今回はまた...
いつもの蟲師と違う。OPが無い。 のっけからギャグ展開。何か今回は違う予感がします。 山で老婆を拾ったギンコ。姥捨て山に捨てられたんじゃあるまいな。ホントに迷子、ちゃんと里に出られて一安心。安心したら夫婦でボケだだのボケてないだのと言い合いが始まった。ギンコげんなりしてるけど、こんな夫婦ってなんか良いな。 婆さん=みかげの秘密。蟲師と知って爺さんが相談を持ちかけてきた。みかげはこの村に突然現...