雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

蟲師 続章 第17話 水碧む 簡略感想

2014.11.30 (Sun)
水の流れを
切ない話でしたね。今回も
蟲を抜けば治ると思ったものが
蟲と深く結ばれてしまっていたために
消えてしまった。
それでも、生きていたことは変わらないと
雨にまぎれて母を見ているかもしれないと
家が水で被害を受けていても
母が前を向いているのが救いでした。

形は違うけど似たようなものって言葉は
深いですね(語彙力のなさ・・・)

今回、母が行ったことも、ギンコが行ったことも
考えたものとは違うものになってしまったけれども
いずれは起きてしまったことだったかそうでなかったのか
どうすればよかったのでしょうね。

毎回絵が素晴らしい蟲師ですが
今回の水の表現は群を抜いていたと思います
・・このあとにはまた雨にかかわる話があるんですが

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第十七話 水碧む 公式サイトから水に誘われながら、そして自らも水を欲しながら──少年は脈動を刻む。胎内での記憶に呼ばれたかのように、しかし彷徨うように。 川で顔を洗って休むギンコ。泳ぎの達者な少年が居た。セキをする少年、身体が少し冷たいな。母親が迎えに来る。走るのが苦手だったり、喉が頻繁に乾いたりしないか? 子供の体から水が溢れて流れる。体温が低かったり、言葉の遅れや、水掻きを持つ者も居たり...
姉ちゃんかと思ったら母ちゃんだった。ギンコめちゃくちゃ怪しまれている。子供にからむおっさん見たら普通警戒するよね。今までの村人がフレンドリー過ぎたんだ。…と思ったらどうもこの母「変わった」息子を持つが故に避けられている様で。それで警戒心が特別高かったみたいですね。  ギンコが例によって虫の仕業と薬を渡す。これによって息子はどんどん普通の人間に近づいていく。友達も出来て...