雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

蟲師 続章 第19話 泥の草 簡略感想

2014.12.14 (Sun)
生き物は循環する
後味の悪い回となりました。
ある意味で土葬を表面で促すような蟲であるため
山に還ると表された存在でしたが
蟲という単純な生き物は
死臭を感じ、そのものに着いてしまった。
村の人は少しだけだったから事なき得たのに対し
ただ一人、彼はあまりにも近くに
そして洗うことがなかったことで生きながら
深く蟲が着いてしまった。

最後には山でもないどこかの
川沿いで死んでしまった伯父ですが
彼は悪いのは確かですが
最後のセリフを見ると殺してしまったことと
あの幻想から
自分もいつかは殺されるのではという
恐れがあったのかもしれませんね。

その後、あの子が何をどう思って過ごしていくのだろうか

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第十九話 泥の草 公式サイトから”死した者は山へ帰る”──誰しもが沼に葬られる里で、奇妙な病が蔓延する。恐れを抱く人々は言う──”死が伝染った”のだと。 夜の山で娘のゆりを探すシゲル。衣だけを発見して、山に取られたんだ。 ギンコが村を訪れると多数の村人の足にイボが発生していた。沼に死者を葬る、山に帰すために。衣だけを残して死体は分解される。7日間は山に入らない、が誰かが禁を破って入ってしまっ...
「山へ 帰れなかったのか」 里の者はいつか山に帰る  躯に生える草――・・・    【第19話 あらすじ】 ”死した者は山へ帰る”──誰しもが沼に葬られる里で、奇妙な病が蔓延する。 恐れを抱く人々は言う──”死が伝染った”のだと。 ギンコさんが訪れた村では奇妙な病が発生していたけど 村人の体に生えてきた木の芽のようなイボに死が伝染ったのだと噂が… この村には、山...
最初は、だと…。5年前に雷に打たれてから通算4回。つまり四度死線をくぐった少年・レキ。無論偶然ではなく、蟲の仕業です。招雷子(しょうらいし)という雷を食う虫が少年に取り付いた。食料を得るために少年に落雷させてお食事。 対策はへその緒を煎じた薬を飲ませること。この時点でへその緒が無かったらアウトですね。今じゃ持ってない人も居そうだけど、昔の人は大事に持ってそう。と思ったら見つから...
生物を骨まで分解、何て便利な蟲。この骸草(むくろそう)を利用した山葬が行われているある村。但し村人は原理を知らない。山に遺体を置いたら一週間は入山禁止。この禁を破ったものが居る、村で奇妙な「いぼ」が生える病気が流行したから。 名医ならぬ名蟲師・ギンコが「蟲の仕業」と治療を開始します。原因となった人物はスグ特定…というかアチラから接触してきました。シゲルと草介、この二人親子じゃな...