FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  .2014 蟲師 >  蟲師 続章 第20話 常の樹 簡略感想

蟲師 続章 第20話 常の樹 簡略感想

人の自然を思う。そして自然もまた

これにて最終話となったわけですが
自然の強大さを思い知らされる回でした
土砂崩れの怖さ
そして大木が残した山への力とその価値から来る金銭
蟲から来る危機からの回避
どれも人だけではできない事柄でした。

でも、あの木を以前は大切にしてきたからこそ
今では後悔もしている気持ちがあるから
それにこたえる形だったらいいなぁと・・

そして蟲師は劇場版でした
意外でした。OVAかまた時期をずらすのだと思っていました。
蟲師が紡ぎだす音、絵の世界を大画面で見るのは
確かに貴重かもしれません。
「鈴の雫」自体が動きの絵もあるのだすが
これ単独で映画になると
60分いくのだろうか?
[ 2014/12/21 10:14 ] .2014 蟲師 | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

蟲師 続章 BS11(12/20)#20終
最終回 第20話 常の樹 公式サイトからそれは、ただ、其処に在った。悠久の刻を重ねるが侭に、見渡すが侭に。 やがてヒトは想いを重ね、その歩みを共にする──未だ知らぬ日々へと。 山で李を食べる幹太。幹太は見知らぬ里で仕事をしたい、いずれは落ち着くよ。不思議な夢を見る、見覚えのある杉の巨木。茶店でギンコと会う。昔のことを話す幹太。お前さん年はいくつなんだ? 巨木から見える風景を夢に見る。里が開墾...
[2014/12/21 19:38] ぬる~くまったりと
蟲師 続章 第20話「常の樹」
「また あの樹が教えてくれる事があったら  儂らにも教えてくれ」 記憶が封じ込められた実を食べてしまった男 悠久の時を重ねた樹の記憶――    【最終話 あらすじ】 それは、ただ、其処に在った。悠久の刻を重ねるが侭に、見渡すが侭に。 やがてヒトは想いを重ね、その歩みを共にする──未だ知らぬ日々へと。 見知らぬ土地を腕一本で渡り歩く幹太 家族は近くで仕事をして欲しい...
[2014/12/22 20:29] WONDER TIME
蟲師 続章 第20話(終) 『常の樹(とこしえのき)』 長老に羽佐間道夫、子供イサザに小清水亜美。
この~木何の木気になる木~。出稼ぎ大工として充実した日々を送る幹太。奥さんは村に居て欲しい様だけど、仕事に燃えているらしく耳に入らない。 目下気になるのは夢に出てくるスギの巨木。そして茶屋で出会ったギンコを知っていた!…が話がおかしい。思い出話としてやたら古い事柄を引き出してくる。 おめぇーいったい年いくつなんだァー? ギンコのジョセフ・ジョースターばりのツ...
プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -