雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

憑物語 全4話一挙放送 簡略感想

2015.01.01 (Thu)
怪異とは人がいてこそなのだから
貝木泥舟の暗躍で
千石撫子の一件が解決した二月
受験勉強に追い込みをかける阿良々木暦の体には
見過ごすことのできない変化が
現れ始めていた
これまでの報いとも言える
その変化とは
青春に、別れの言葉はつきものだ

公式より

もはや恒例となりつつある
物語一挙4話。
これからもこれで行くのでしょうか?
私は好きですが、カットされている部分とかあるのでしょうか?

てなわけで斧乃木余接とのかかわりの中で
化け物とはなんだろうといった話。
前半は月火ちゃんと戯れ(いや本当に)
そして自身の変化を心配し
影縫 余弦と斧乃木 余接に相談
もう使わないようにすることを誓うが
妹と神原を手折 正弦に
誘拐されてしまい
余接と救いに行く。
正弦は自身の立ち位置を考えながらも
自身の役割からのがれるように懇願に
余接に殺された。

化け物にはならなかった暦
化け物であった余接
見た目よりその行い自体が化け物たるか否か
だったのかもしれない。
最後のひたぎとの関係はとても良い関係になっていて
よかった。ひたぎさんかわいい。月火ちゃんよりエロく感じた・・

余接さんとの仲を裂くのが狙いだった話だったけど
余接は暦家の人形として結局居つくことに
街に起こった異変が終わるまでってことで
次は「暦物語」になるのでしょうか?
いつやるのかな?・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

青春に、別れの言葉は“つきもの”だ―
第体話 よつぎドール 公式サイトから受験勉強に追い込みをかける阿良々木暦は、小さいほうの妹、 阿良々木月火と入浴していた。その時、暦は自らの体に現れた“見過ごすことのできない”変化に 気付いてしまう―――。暦は、現れ始めた変化の原因を探るべく、忍野忍の助言で 影縫余弦・斧乃木余接との接触を図る。そこで判明した、これまでの報いとも言える変化の原因とは―――。肉体の吸血鬼化が進行していた暦。斧乃...