雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

終物語 第1話 「おうぎフォーミュラ」 簡略感想

2015.10.10 (Sat)
それは己の過去とこれからの受難
ただ話しているだけなのにとても面白かった回
話は単純ながらも阿良々木が序盤に陥っていた性格というか信念
その理由がしっかりと描かれていた話でした。

正しさの象徴。教師という学校では絶対的正しさを持つはずの
人間の裏切りにも似た行動と
犯人と多数決という数の暴力で押しつぶしてしまった
過去があったから、阿良々木の中で正しさを失わないように
孤立をとったという感じでした。

途中でリーガルハイを見てるようでした・・・

扇も不気味で人を煽っていきながらも
その心の内をえぐっていくような目
かわいらしさを出しながらも不穏な言動
彼女は何が目的だろうか。

過去は終わり、今を進む阿良々木の前に現れた
二年間近く自宅学習をしていた老倉だった。

さて、心の内はいかに

コメント


管理者のみに表示

トラックバック