雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

終物語 第2話 「そだちリドル 其の壹」 簡略感想

2015.10.16 (Fri)
見つめるは過去
老倉育との邂逅をした阿良々木だったが
老倉は阿良々木の想像以上に彼を嫌っていた。
彼女は様々な物を嫌っているくらいだった。

ふとした拍子に老倉に触れてしまった阿良々木を
老倉はペンで刺してしまったのを見たのは戦場ヶ原
戦場ヶ原は怒る姿をみた老倉はすぐに阿良々木の彼女だと
気づくが、戦場ヶ原は微動だにせず、阿良々木への行為を口に
する。
老倉はそんな戦場ヶ原をビンタするが戦場ヶ原はグーパンチで
反撃、気絶させ、それを見て気絶するふりをして終わるのでした。

その後、阿良々木の記憶めぐりへ
扇とともに阿良々木の過去へ。
5年前廃墟。女の子、何をもって老倉が考えるのか
それを思い描きながら、さらに思い出すのでした。

いいところで終わった。
老倉の現在の姿からいつも通り?の戦場ヶ原さん
でも、羽川さんが戦場ヶ原の後ろからしがみついている姿
かわいかった・・

阿良々木の過去へ。
本当にただの会話だけなのに引き込まれる
扇の会話がより阿良々木を深いところに持って行っているようで
より不気味でした

コメント


管理者のみに表示

トラックバック