雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

すべてがFになる 第2章 「蒼色の邂逅」 簡略感想

2015.10.18 (Sun)
さてミステリーの定番へ
犀川と萌絵たちは真賀田研究所のある島へと
降り立つ。
他の生徒は普通に楽しんでいる中で
二人は研究所へ。
そこで起きたのは四季への連絡ができなくなる事態
所長が不在の中、四季の部屋を15年ぶりにあけると・・
人形のような風貌の四季があられる。
デボラという施設管理システムにより外へ向かうことを阻止しようとするが

一方で所長・新藤は四季の妹・未来を連れ研究所に向かっていた。

研究所員の顔見せ、萌絵の性格と言うか育ちぶり
新藤所長の意味深な語りと
これから何か起こることが分かるような雰囲気
状況になった中でじっくりと進んでいくようです。

萌絵が表情豊かでいいですね
本当に現実的なデザインだなぁと思いながら
萌絵の髪どうなっているのだろうと思いました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第2話 蒼色の邂逅 夏のゼミ旅行で真賀田四季の住む妃真賀島に向かう一同。 西之園萌絵は自身のスポーツカーで港に合流。 荷物は執事の諏訪野が運んできた。 妃真賀島に直接向かう船便は存在せず、事前予約で途中で  立ち寄ってもらっている。 真賀田研究所の山根が迎えにやってきた。 研究所には外部に接続するネットワークはないらしい。 真賀田四季との面会は全て公開されるのが決まり。 山根も15年間モ...
すべてがFになる THE PERFECT INSIDER 第2話『蒼色の邂逅』 感想(画像付) 孤島の研究所に謎の少女。 ミステリーなら事件が起きない理由はないですね。 浮世離れしたお嬢様の萌絵ちゃんと犀川先生は謎を解くことが出来るのか? と言うか、まだ謎の出題まで行けなかった(笑)   ゼミ合宿で、真賀田研究所がある妃真加島にやって来た犀川と萌絵たち。 ゼミ生た...